海外就職はじめに

①なぜ海外就職なのか考えよう

海外就職をお薦めする8つの理由~新卒、転職で海外で働く
新卒、転職で海外就職を検討すべき理由:海外経験は、人材市場で評価されている。伸びている国にチャンスあり。すごい会社は海外にあり。外資は本社の仕事の方が面白い。日本は他国と比べて豊かでなくなってきている。日本の給与水準は高くない
海外就職に向いている人・向いていない人
海外就職、国内就職は、それぞれメリット、デメリットがあります。海外就職に向いている人とは?①国際的なキャリアを目指したい人。②ハイキャリア志向の人。③ベンチャー志向の人。④不本意な新卒就職をした人。。。
海外就職のデメリット・懸念点まとめ
海外就職をしようと決めている人も、これから検討する人も、海外就職のデメリットも知ったうえで、海外に飛び立ちましょう。①伝統的な日系企業で働ける可能性は小さくなる。②職種、業界の選択肢が狭くなる。③日本のビジネススキル。。。

②海外就職の方向性を決めよう

高校生のための海外就職戦略
高校生以前で、将来海外の就職を希望しているなら、進路の選択は海外大学留学の一択です。①就労ビザの取得が有利になる。②現地の語学や文化を学べる。③現地の国へのコミット。④海外での就職活動の拠点確保。⑤日本の大学のランキングは低い
大学生、新卒のための海外就職戦略
大学生で海外への転職を考えている人向けに、海外就職を実現するための選択肢を解説します。① 海外大学に留学し、新卒で海外就職。②国内の大学から新卒で海外就職。③ 日本で就職、海外転職を目指す。④ 日本で就職、駐在での派遣を目指す
社会人(転職、第二新卒)のための海外就職戦略
社会人(転職、第二新卒)のための海外就職戦略を紹介します。現地就職、インターンシップに応募。日本で駐在や外資での海外転勤を狙う。大学院留学、語学留学、ワーキングホリデーで海外経験を積んでから応募する、など。
海外就活で海外駐在 / 赴任か現地採用どちらを目指すべきか?
海外での就業の可能性は、駐在か現地採用です。駐在の利点として、待遇の良さがあります。現地採用では、現地の人と同様の給与体系になります。逆にメリットは、自由な選択ができることです。自分が行きたいタイミングで、海外就職を始めることができますし、国も自由に選べます。
海外現地採用は、日系、現地、外資企業の選択肢がある
「海外現地採用」とは、駐在や転勤ではなく、海外で直接採用されることです。海外現地採用には、日系、現地企業、外資企業で就職する選択肢があります。本記事では、それぞれの場合のメリット・デメリット、就職活動の進め方を解説します。

③就職する国・都市を選ぶ

海外就職をする国の選び方
海外就職を考えているなら、最初に就職活動をする国を決める必要があります。国の選び方の基準を紹介します。①日本との貿易総額。②日本人在留数。③日本語学習者数。④就職サイトの求人件数。⑤言語から選ぶ。⑥所得が高い国。⑦就労ビザの取りやすさ
アジア就職の人に欧米を薦めてみる
アジア就職を考えている人に、あえて欧米での就職もありなのでは、とお薦めしてみたいと思います。欧米就職の理由:一流企業は欧米にある。給与が高い。アジア就職の理由:「ノースキルの文系」でも就職できる。成長している国で働きたい。
どこでも働けるグローバル人材なんていない
海外就職をしたい人は、世界のどこでも生きていけるグローバル人材に憧れを持っている人は多いです。それでは、グローバル人材とは何でしょう?一般の用法では、グローバル人材とは、英語で外国人と高度な仕事ができる人材のことです。しかし。。。。

国別の情報を詳しく見る

国別
国別の記事一覧 アメリカ, カナダ イギリス, ヨーロッパ インド, 中東 オーストラリア シンガポール 中...

就労ビザの確認をする

就労ビザ
就労ビザについて解説 中国・香港・台湾 シンガポール・東南アジア 北米・イ...

④仕事の内容・職種を決める

海外就職の職種の選び方、日本人が就職しやすい職種
海外就職を検討しているなら、日本人が採用されやすい職種は気になると思います。①日本人が海外就職しやすい職種は、国によって異なる。②日系の現地採用で採用されやすい職種。③現地企業で採用されやすい職種。④どのように志望職種を決めるか?
海外就職に有利な職種~英語よりもプログラミングを学ぶべし
グローバルに働きたいなら、英語やMBAでなくて、理系。将来、海外に住みたいひと、海外で働きたい人は、理系を学ぶべきです。外国語学部の方が、海外に近いように見えますが、海外の会社の視点では、ノースキルの学生です
日本とは関係ない仕事で海外就職をする選択肢
海外就職を目指す人の動機で「日本と海外の架け橋になりたい」という趣旨の言葉をよく聞きます。しかし、個人が海外で働くときに、日本の国を背負って就職する必然性はありません。日本と関係ない仕事で海外就職する選択肢を解説します。

⑤仕事に応募、面接する

海外就職向け人材紹介会社・エージェント・求人情報サイトに登録
日本での就職活動と同じで、海外就職でも最初に行うのは就職サイトへの登録です。海外就職の就職サイトを「求人情報サイト」、「人材紹介サービス」、「ソーシャルネットワークサイト(SNS)」分けて解説します。
海外就職の業界・会社研究
日本国内の就活以上に、海外就職では志望業界、会社の研究が重要です。 日本国内の就活でも、新卒は企業の情報に疎いと言われています。結果、...
海外就職の履歴書作成・応募
海外就職で仕事に応募する場合の、履歴書など応募の書類の書き方について解説いたします。・応募のフォーマットは各国で異なる。外国人だからこそ、現地のフォーマットに合わせよう。・履歴書は、一から書くのではなく、自分の仕事に近い参考例をベースにする。
海外就職の面接
日本人対象で語学力を全く問わない求人であれば、日本語だけの面接もありますが、基本的には英語や現地の言語での面接が必要です。 外...
海外就職で内定を得た後に
海外就職で内定を得た後にすること:雇用条件は、日本以上に慎重に確認する。条件交渉をすべきか?労働ビザ取得。引越しのサポートを就職先にお願いしてみる。その国の「空気の読み方」を身につける

海外就職のよくある質問

海外就職の前に社会人経験は必要?新卒 / 既卒のメリット・デメリット
海外就職は、新卒、既卒(転職)どちらが良いでしょうか?新卒、既卒は、メリット、デメリットがあるので一概にどちらが良いとは言えません。新卒のメリット①:時間の余裕がある。新卒のメリット②:語学の習得が有利
海外就職で必要な語学力はどのくらい?
海外就職の不安点として、語学力があると思います。海外就職を実現するために必要な語学力は一概には言えません。①駐在の場合。②日系で現地採用の場合。③現地企業、外資系

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする