スポンサーリンク

シンガポール、マレーシア、インドネシア インターンシップ体験談まとめ

シンガポール、マレーシア、インドネシアで、在学中、新卒でインターンシップを経験した人の体験談ブログ、インタビュー記事をまとめます。

スポンサーリンク

目次

シンガポール・インターンシップ

新卒から半年間のインターンシップを経て、シンガポール現地就職

maikoの新卒インターン日記

日本の大学を卒業。卒業前にシンガポールでのインターンシップ先を探し、卒業してすぐにインターンシップ開始。インターンシップ半年ほどで、正社員としての就職決定。

偏差値40-50ほどの私立文系で、英語も完ぺきではないとのことで、失礼ながらスペックは高くない方です。時期も2016年なので、直近です。文系の普通の大学生でも、新卒シンガポール就職が可能なことを教えてくれる事例です。ただ、スペックは普通の大学生ですが、文章が丁寧で分かりやすく、非常に優秀な印象ではあります。シンガポールの仕事でも、きっと成功されることと思います。

シンガポールに新卒で就職するのは難しいとしている人材紹介会社が多いです。記事でも「新卒の求職者の場合は、シンガポールに在住していないと人材紹介会社はまず相手にしてくれません。」と書かれてあります。

なぜなら、新卒に仕事を紹介するのは難しいからです。人材紹介会社は、就職に成功してもらって、初めて紹介料が入ります。難しいそうな経歴の人は相手にしたがらないのは当然です。しかし、「難しい」と、「不可能」は違います。人材紹介会社に相手にされなくても、自分で活動すれば可能性はあります。

シンガポールの日系人材紹介会社で6か月間のインターンシップ

JAC:シンガポールでインターンシップ:体験談@JAC

大学3年次に1年間休学し、カナダ・トロントへ留学。東南アジアのハブのシンガポールに集まる優秀な人材に興味があり、シンガポールでの人材紹介会社でのインターンシップを志望。日系の人材紹介会社「JAC Recruitment」でMarketing Assistantとして働く。マーケティング業務とコンサルタントのサポート業務を担当。

シンガポールのJACに限らず、日系の人材紹介会社でインターンシップや現地就職する人は多いです。人材紹介会社は、日本人の現地就職をビジネスにしているだけあり、日本人の受け入れには慣れているはずです。

新卒の就職活動の準備という意味でも、就職のプロセスを見られる人材紹介会社は適していると思います。人材紹介会社に興味があれば、行きたい国の人材紹介会社を調べて、直接連絡してみましょう。


大学を休学、シンガポールでインターンシップ後、現地就職

CONPATH:海外インターンをして、そのまま現地で就職した2つの理由

就活の時期になり、漠然と「海外」「サッカー」というキーワードを持って活動していた。そんな時に、たまたま登録していたスポーツ系の就活情報サイトで「海外インターン募集」を見つける。就職活動をストップし、大学を休学、数か月間シンガポールでサッカー事業を手がけている会社でインターンシップを行う。インターンシップ後、いったん帰国して就職活動を行うものの、惹かれる会社に出会えず、インターンシップ先の会社に戻って就職することを決意。

インターンシップの利点として、「社会に出て働くイメージを持てるということと、「なんか違うな」という直感を磨く」と書かれています。職務経験なしの学生が、新卒で自分に合った仕事を見つけるのは難しいです。働いた経験がないと、どのような仕事がしたいのか、実感を持って分からないからです。この記事は、インターンシップで自分のやりたい仕事に出会った素晴らしい例でしたが、インターンシップで失敗したとしても、次の仕事を探す時の参考になるはずです。

大学在学中、ワーキングホリデーを利用し、シンガポールで半年間のインターンシップ

しわんこのシンガポールワーホリ日記

大学では英語を専攻、イギリスでの一年間の交換留学も経験。必修の履修登録を忘れて大学を四年で卒業できなくなり、1年間休学して、インターンシップをすることにする。シンガポールにワーキングホリデーを利用して滞在。当初は、ワーキングホリデー業者にインターンシップ先の斡旋を依頼したが、仲介料が高く、トラブルもあったため、自力で探した。友人の紹介で見つけた飲食店開業サポートの日系コンサルタント会社で働き、リサーチ資料の作成などを担当する。

ワーキングホリデーの申請方法、インターンシップの探し方、アパートの探し方など、シンガポールでインターンシップをするための実用的な記事を多く掲載されています。

シンガポールのワーキングホリデー(Work Holiday Programme)は、カナダ、オーストラリアなど、日本政府が協定している「ワーキング・ホリデー制度」とは異なります。シンガポールのワーキングホリデーは、「ワーキング・ホリデー制度」と似ていますが、申請条件の制限が厳しめです。期間が6か月と、他の国の1-2年に比べると短く、年齢も25歳までです。学歴の条件もあります。

シンガポールのワーキングホリデーも取得してしまえば、他の国と同じく、ほぼ自由に就労することができます。シンガポールで就職、インターンシップをするときは、就労ビザがハードルになるケースが多いです。ワーキングホリデーで、自分で就労許可を取っておけば、企業側も採用がしやすいです。

シンガポールのビザについて、こちらの記事もご参照ください。

シンガポール就労ビザまとめ~種類、取得条件、期間、申請方法(2017年更新)

シンガポール経営大学に留学中、パートタイムでインターンシップ

THE RYUGAKU:インターンは困難の連続!学びを実践して得られた成長とは--トビタテ!留学経験者インタビュー Vol.8後編

一橋大学商学部。大学の留学プログラムに応募して、シンガポール経営大学に留学。留学中にインターンシップをしようと考え、インターンシップをしやすいシンガポールを選択した。大学の授業は週に6~12時間と少なかったので、学期中にインターンシップを実施。日系のコンサルティング会社で、新規開店の飲食店の経営に関わる。

シンガポールは欧米と同じく、在学中のインターンシップが一般的です。この記事の例のように、インターンシップを前提にして、留学+インターンシップでシンガポールに行くのも良い選択肢ですね。
~~~

最高のキャリアの描き方-トビタテ! 留学JAPAN生と物語理論~中川 瑛 (著)

本書では、自分の経験や考え方をどう整理し、どう将来のキャリア(自分の物語)を描くかについて、「物語理論」をベースに、ワーク形式で学ぶことができます。
また、後半では、さまざまなバックグラウンドを持ちさまざまな分野で活躍している7人のトビタテ! 留学JAPAN生の「物語」をご紹介します。

Amazon.co.jp 商品の説明より抜粋

新卒入社直前の春休みにシンガポールで1か月間のインターンシップ

NIHON ASSIST SINGAPORE:「主体的に動くことで、チャンスをくれる会社です」

神戸大学、経営学部。在学中に、1か月間のフィリピン語学留学、6週間のタンザニアでのボランティア活動を経験する。海外で働きたいという思いがあり、卒業する直前の3月1日から入社までの期間を利用して、シンガポールでのインターンシップを行う。日系のシンガポール進出支援の会社「日本アシストシンガポール」で1か月間のインターンシップ。クライアントの依頼についてのリサーチや、飲食店出店のコンサルティングなどを行う。

就職が決まってから、インターンシップに行くのは珍しいですね。しかし、内定が決まった後の暇な時期に行う活動としては有意義だと思います。社会人になってからも、一部の駐在の人を除いては、海外で働く機会はないので。

マレーシア・インターンシップ

マレーシアの大学に留学中、5つ星ホテルでのインターンシップ

マレーシア留学MAGAZINE:充実のインターンシップ経験(サンウェイ大学体験談)

高校卒業後、マレーシアに留学。語学学校を経て、Sunway大学・観光学部経営学科で学ぶ。大学では、留学生支援団体に2年間所属し、留学生の活動を盛り上げる。大学の提供するインターンシッププログラムで、JWマリオットホテルのイベント営業部門など2度のホテルでのインターンシップを経験。

アジアでインターンシップをする人は、休学してフルタイムで参加することが多いのですが、欧米だと留学中の学期中にパートタイムで行ったり、長期休みを利用することが多いです。アジアでインターンシップをする人も、留学+インターンシップも検討してみましょう。

トビタテ!留学JAPANを利用、マレーシアに交換留学中、日系の旅行会社でインターンシップ

Canpath:交換留学中にインターンしてみました

立命館大学、国際関係学部。在学中にトビタテ!留学JAPANの1期生として、マレーシア科学大学に留学。留学中に週末でできるインターンシップを探す。30社以上の現地日系企業に電話をし、旅行会社兼マレーシアでのセカンドライフをサポートする会社でのインターンシップを獲得する。接客、ホテルや留学エージェントの最新情報集め、ブログ更新、ペナン島でのツアー補助などを担当する。

上の記事と同じく、こちらも留学中のインターンシップ。週末だけのインターンシップで探すのに苦労されたようですが、30社以上に電話をかけて見つけています。アジアでのインターンシップは、斡旋会社に紹介料を払って参加する人が多いですが、この例のように、自分で会社を見つけて交渉することもできます。自分に合ったインターシップの募集が見つからなければ、自分で探してみましょう。

また、トビタテ!留学JAPANは、「留学」という名前ですが、海外インターンシップの学生も多く採用されています。インターンシップ先を斡旋してもらうのに手数料がかかりますし、無給のインターンシップの人もいるので、トータルでは持ち出しになるケースが多いからです。

大学を休学、アイルランド語学留学を経て、マレーシアの教育事業の会社でインターンシップ

東洋経済ONLINE:意外!マレーシアでインターンという選択肢

首都大学東京、都市教養学部。大学3年の初めに、アイルランドに語学留学をする。留学中に自分がアジア人であることへの意識が芽生え、アジアを知りたいと思い、アジアでのインターンシップを志す。アイルランドにいる間にインターネットでインターンシップ候補を探し、日本とマレーシアを拠点に教育事業を展開する「UNLOCK DESIGN」でのインターンシップを決める。マレーシアでは新規事業の立ち上げプロジェクトなどに関わる。

雑務が多くないこと、主体的にできることが多いことを基準にインターンシップ先を探したとのこと。探すときに明確な基準があるのは大事です。インターンシップというのは、本来の目的は、就職をするための経験を積むものです。雑用をいくらやっても、就職活動には大して役に立ちません。将来の就職活動から逆算して、どのようなインターンシップをすべきか考えましょう。

大学在学中、マレーシアの日系レストランでウェイトレス

海外就職.biz:海外インターンシッププログラムでマレーシアで働く体験

大学2年の夏休みにクアラルンプールでのインターンシップに参加。日本人オーナーの飲食店で、ウエイトレスとして働く。ホールマネージャーのみが日本人で、店内のコミュニケーションはほぼ英語。

本人が満足していれば良いのかもしれないですが、この内容を「インターンシップ」というのは無理があるのでは。。。日本で大学生が飲食店でウェイターをしたら、普通の感覚ではアルバイトですよね。飲食店やホテルの「インターンシップ」は、アルバイト程度の内容としか思えないものも多いです。インターンシップを探すときは、価値のある職業経験ができるのか、内容を良く確認して参加を決めましょう。

大学在学中、マレーシアでインターンシップ、新卒でシンガポールの米系リサーチ会社に就職

アセナビ:【新卒海外】「前例がないという理由でやらないなら、海外で前例がないことにぶち当たった時対処できない。」シンガポールの米系リサーチ会社に就職 その後米系大手IT企業に転職。村石 詠莉紗さん

立教大学、社会学部。在学中にアメリカとカナダで1年間留学。新卒でシンガポール就職を目指し、日本のメディア系のスタートアップでセールス・マーケティングアシスタントとして5ヶ月インターンシップ、夏休みにマレーシアの人材紹介会社でインターンシップを経験する。新卒で卒業してすぐにシンガポールで米系リサーチ会社の日本担当として就職。

シンガポールの記事でも書きましたが、人材紹介会社などでは、新卒シンガポール就職は難しいとされています。この方は、学歴、インターンシップ経験、英語力など海外就職向けのスペックは高めの方ですが、それでも特殊な能力、経歴を持っているわけではなさそうです。学歴高めの学生なら、十分に真似ができる事例です。英語力もインターンシップ経験も、早めに動けば誰でも身につけることはできます。大学で間に合わなければ、大学院留学+インターンシップをすればいいだけです。

インドネシア・インターンシップ

大学を1年間休学、半年のオーストラリア留学を経て、インドネシアで4か月間インターンシップ

ABROADERS:やりたいことが不明確だった学生が、大きな成長を遂げるまで〜インドネシアでのインターン体験談〜

青山学院大学。3年生を終えた後に休学。オーストラリアでの半年の語学留学の後、インドネシアでのインターンシップを経験。活気と魅力に溢れたアジアで働きたいと思い、「アジア」「インターン」「人材(多くの人に会いたいという理由から)」のキーワードでインターンシップ先を探し、インドネシアで日本への留学サポートを行っている「Jellyfish」で4か月間働く。インドネシアにある日本語学校へのマーケティングや現地の高校でのマーケティングを担当。教育・留学フェアでのブース運営、留学セミナーを開催、日本情報を発信するSNSの更新などを行う。

インドネシアのJellyfishに限らず、語学学校や留学エージェントでインターンシップをする人は多いようです。学生が顧客のビジネスなので、大学生には取り組みやすい仕事だと思います。興味があれば、行きたい国の語学学校や留学エージェントを調べて、直接連絡してみましょう。

インドネシアに交換留学し、5か月間インターンシップ

休学X留学ラボ:憧れの総合商社で働くために「留学×海外インターン」をしたTedさんのインドネシア・インターン体験談。

総合商社志望の大学生。総合商社の内定者の集まりに参加したときに、留学+海外インターンシップ経験者が多かったことから、海外インターンシップを目指すことにする。当時、日経新聞でも注目されていたインドネシアを志望、インドネシアの大学の交換留学に申し込んだ。インターンシップは、以前にインドネシアに留学していた人の紹介で見つけ、5か月間働く。

具体的な目標(総合商社で就職)を持って、海外インターンシップをするのは、良いですね。しかし、海外インターンシップなら何でも評価されるわけではないです。例えば、海外で漠然と事務作業を担当したとして、それが総合商社に評価されるとは思えません。将来、希望の会社、職種で就職するために、どのようなインターンシップを選んで、何を現地で成し遂げるべきか考えておきましょう。

大学を2年間休学、カナダでのワーキングホリデーを経て、インドネシアでインターンシップ

アセナビ:「学生のうちにする失敗なんて笑い話にしかならない」インドネシアのローカル企業で働いた 合田美緒さん

青山学院大学、経済学部。2年間休学をし、カナダでのワーキングホリデー、長期間の旅行を経て、インドネシアで2か月間のインターンシップを経験。インターンシップ先は、海外インターンシップ紹介会社の「Tiger Mov」の紹介で、インドネシアの証券会社「PT. Corfina Capital」で働く。営業担当として、インドネシアに進出している日系企業や日本人個人への投資信託の営業を担当。

インドネシアなど東南アジアでのインターンシップは、この記事のように、海外インターンシップの斡旋をしている会社経由が多いですね。紹介料も10万円程度と、それほど高くないので、手早くインターンシップを探したいなら、業者を使うのは有力な選択肢かと思います。ただ、「海外インターンシップ」と言いながら、実際のところは、ほぼ東南アジア専門のところが多いので、他の地域を検討するなら、別の方法を考える必要があります。

エコツアーを手掛けるNGOで10か月間インターンシップ

J.E.E.F:インドネシア事務局にインターンとしてお世話になります!

愛媛大学。インドネシアでエコツアーを行っているNGO法人「公益社団法人日本環境教育フォーラム(JEEF)」で10か月間インターンシップを行う。

インターンシップは、営利企業で行うイメージが強いですが、この記事のようにNPOやNGOで働くこともあります。NPOやNGOは、営利のためのビジネスではありませんが、お客様にサービスを提供するために組織を運営するという意味では、一般の企業組織と変わりません。インターンシップを探すときは、是非検討してみましょう。

イギリスの大学に留学中、インドネシアでインターンシップ

co-media:イギリスで在学中の私が、インドネシアでインターンをする理由

イギリスのサセックス大学、国際関係・国際開発学専攻。友人からの紹介で、大学の夏季休暇中にタイで開催された「ASEAN+3 Youth Camp」というイベントに参加する。そこで、同年代のアジア人と交流することで、「あ、私はこれからアジアをベースにして働きたいんだな」と感じ、アジアでのインターンシップを志望する。特に、多文化、多宗教、多民族、様々な人たちが入り交じり構成されているインドネシアに興味を持つ。インターンシップ先は、自力で見つけ、インドネシアの教育系の会社で働く。

欧米の大学で学んでいるのに、アジアでインターンシップを行った珍しい例。同じ海外と言っても、アジアでインターンシップをする人と、欧米志向の人は、驚くほど分断されています。「海外就職」や「海外インターンシップ」のサイトを見ても、実質は東南アジア専門のサイトも多いです。

日本人(アジア人)としてグローバルな仕事をしたいなら、どちらの世界も知っておくことは貴重だと思います。アジアは今後の成長性が高く、多くの改善、発展の余地があります。一方で、様々な分野の最先端は欧米です。最終的にはアジアに注力するとしても、欧米の動向は知っておくべきです。


https://kaigai.life/?p=927
「海外就職・インターンシップ体験談まとめ」一覧を見る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする