スポンサーリンク

海外就職で内定を得た後に

スポンサーリンク

雇用条件は、日本以上に慎重に確認する

海外就職で、面接を突破して内定を獲得しました。おめでとうございます!

しかし、就職活動は終わりではありません。内定の承諾をする前に雇用条件を確認する必要があります。確認事項は、基本的には日本と大きな違いはありません。給与、賞与、仕事内容、勤務時間、休暇制度、などです。日本や現地の就職サイトで雇用条件で注意するポイントを確認しましょう。

海外就職では、雇用条件を更に慎重に確認すべし

日本で就活でも当然雇用条件は慎重に確認する必要がありますが、海外就活では更に慎重に確認しましょう。日本人の感覚では、思わぬところに落とし穴があるかもしれませんし、外国人の雇用なので、外国人特有の項目があるかもしれません。必ず書面で雇用条件をもらって、理解できない、合意できない箇所があれば、納得できるまで話し合いましょう。

ビザや引っ越しのサポートも確認

雇用条件の記載とは別途かもしれませんが、海外就職で特有な条件として、ビザのサポートや引越しのサポートがあります。ほとんどの国で、労働ビザは企業のサポートがないと取得できません。何を雇用先の企業で担当して、何を自分で行わなければならないか確認しましょう。

また、マネージャーレベルでないと少ないと思いますが、引越しサポート (英語だとRelocation Package)が受けられる可能性があります。荷物の引越し費用、長期滞在用の住居を見つけるまでのホテルなどでの滞在費などです。海外への転居だと、諸々費用が重なりますので、引っ越しサポートを受けられるか聞いてみましょう。

条件交渉をすべきか?

給与など条件の交渉をすべきかは国によって異なります。国によっては、新卒でも条件交渉をすべきです。海外の多くの国では、新卒と中途が同じ求人に応募するので、新卒でも交渉の余地があります。

国によって、条件交渉すべきか、いつすべきか、何を交渉すべきかは異なると思いますので、現地の就職サイトを調べたり、人に聞いたりしてみましょう。日本でも中途では、条件交渉をすることは珍しくありません。まずは、日本のサイトで概要をつかむのも良いかと思います。

就労ビザ取得

就労ビザの取得の流れは国ごとに異なります。一般的には、まずは採用企業から政府に「就労許可」を申請して、就労許可が下りた後に、本人が大使館で入国のためのビザを申請する国が多いです。

ビザが獲得できるかの条件は、就職活動前に確認すべきですが、具体的なビザ取得の手続きについては、内定が出てから確認すればよいと思います。特に大企業であれば労働ビザの申請にも慣れているので、採用企業の人事の指示通りに動けばよいからです。

就労ビザについては、こちらの記事もご参照ください。

海外就職のための就労ビザまとめ
海外就職のための就労ビザまとめ
海外で働くためのビザ・就労許可の種類、ビザの難易度の国別の難易度の違い、申請の方法について解説します。

引越しのサポートを就職先にお願いしてみる

日本国内でさえ面倒な引越しなので、違う国への引越しは、非常に手間がかかります。

住居を探すにしても、どのように探すべきなのか調べる必要があります。土地勘もないですし、外国人なので、大家との契約も通常より面倒かもしれません。ガス、水道、電気、携帯電話、銀行口座、など様々な手続きをする必要があります。

できる限り、ビザの取得や引越しのサポートをしてもらえるように就職先にお願いしましょう。上記のように費用を負担してもらったり、代わりに手続きしてもらったり、情報をもらうなど。

会社としても、早く働いてもらうために、就業前のサポートをするモチベーションはあると思います。例えば、私が台湾で就職した時の住居は会社の宿舎でした。住居の選択に悩む必要がなく、ガス、水道、電気も込みだったので、かなり手間が省けました。

就職後の心がけ

何事もスタートダッシュが大切です。海外就職は特にそうです。

海外の多くの国では、新卒でも即戦力として採用されますし、あなたは「助っ人」外国人です。助っ人外国人は、価値があるからこそ、ビザがもらえているのです。早く一人前の戦力になって、自分の価値を知ってもらうことが重要です。

就職後の心構え、準備事項は、日本で就職する場合と同様です。「転職後」のキーワードでネットを検索して、調べてみましょう。例えば、上司や同僚の信頼を得ること、職場の文化を理解すること、などがあります。

海外就職が国内の場合と異なる点は、言語、文化の面でハンデがあることです。言語の面で、コミュニケーションが取りにくいと、信頼を得られません。大人になってから、海外に住み始めた場合、言語面でハンデがあることは仕方がありません。語学力を高めるために努力はすべきですが、よっぽど語学の適性が高い人でなければ、ネイティブと同様の流暢さを身につけることは困難です。

語学力不足を補うために、先手を取ったコミュニケーションする

外国人は言語の面でハンデがありますが、語学力が完璧でなくても、信頼を得ることは可能です。

言葉が不自由な外国人が生き残るために、コミュニケーションは、常に自分が先手を取ることが大事です。面接の記事の話と同様で、語学力が完璧でなくても、事前の準備が十分であれば、なんとかなります。自分の伝えたいことを事前にまとめる。相手が何を聞いてくるかを想定して考える。

自分から話しかけたり、自分からメールを出す分には、準備をすることができます。外国語で最も難しいのは、不意を突かれた時の反応です。母国語であれば、適当に話をつないでいるうちに、まとまった答えを考えられますが、外国語では難易度の高い芸当です。同僚や上司に聞かれる前に、自分から報告しておきましょう。

その国の「空気の読み方」を身につける

他に外国人として気をつけることは、文化の理解です。いわゆる「空気が読めないやつ」に外国人はなりがちです。外国人は、空気読まないという印象の人もいるかもしれませんが、それは違います。国によって、あるいは会社の文化によって、空気の読み方が違うだけです。

外国人として、空気の読み方を学ぶ最も単純な方法は、聞くことです。同僚や上司に、「私の仕事のやり方で気になった点はありますか?何か変えた方が良い点はありますか?」などと率直に聞きます。

人によっては、親切に向こうから指摘してくれることもありますが、ほとんどの人は気まずいし、面倒なので教えてくれません。入社から1年後の人事評価のフィードバックで上司から指摘されるのでは、遅すぎます。空気読めなくて使えない人の評判が立つ前に、改善点を自分から聞いておきましょう。


「海外就職はじめに」次の記事

海外就職の前に社会人経験は必要?新卒 / 既卒のメリット・デメリット
海外就職の前に社会人経験は必要?新卒 / 既卒のメリット・デメリット
海外就職は、新卒、既卒(転職)どちらが良いでしょうか?新卒、既卒は、メリット、デメリットがあるので一概にどちらが良いとは言えません。新卒のメリット①:時間の余裕がある。新卒のメリット②:語学の習得が有利

「海外就職はじめに」一覧に戻る

海外就職はじめに
海外就職はじめに
①なぜ海外就職なのか考えよう ②海外就職の方向性を決めよう ③就職する国・都市を...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする