スポンサーリンク

語学力/英語力不問の海外求人とは~日本語のみで海外就職・転職できる?

海外就職向けの求人情報サイト、転職サイトを見ると、「語学力不問」「英語力不問」「日本語のみ」などのキーワードが強調された募集があります。

本当に海外なのに語学力がなくても仕事ができるのでしょうか?

本記事では、なぜ語学力不問の海外求人があるのか?どのような求人があるのか?語学力不問の仕事で働くメリット、デメリットなどについて解説します。

スポンサーリンク

なぜ語学力/英語力が不問なのか?

日本語しか使わない仕事だから

海外でも日本語しか使わない仕事であれば、語学力を求める必要はありません。後ほど具体例を紹介するように、海外でも日本語しか使わない仕事はあります。

専門知識・技術が評価されているから

英語・現地語もできた方が好ましいが、専門知識・技術のある人を優先して語学力不問で採用することもあります。語学力は、現地のバイリンガルのスタッフに通訳に入ってもらえば、カバーすることもできるからです。

実際は使うが、語学力不問とした方が応募が増えるから

語学力不問と掲載している求人でも、詳細を見てみると、日常会話程度の英語は必須としていたり、必須条件ではないものの、語学力はプラス評価としているケースは多いです。

実際のところは、語学力不問というよりは、語学力の重要度は低い求人ということです。

「語学力不問」と求人でアピールする理由は、その方が人が集まりやすいからだと思います。大部分の日本人は英語や語学に苦手意識を持っています。

語学が苦手でも海外で働いてみたい人にとって、語学力不問は強いセールスポイントになります。

欧米は語学力不問ではない

語学力不問の求人は、ほとんど全てがアジアでの現地就職です。以下で紹介する求人の例も、アジア就職を想定しています。

一般的に、欧米での海外就職はアジアに比べて難しいです。欧米では、語学ができて、専門スキルがある人でさえも就職に苦労しています。

欧米での就職が難しい主な理由が就労ビザの取得です。

海外で働くには、必ず就労ができるビザを取得する必要があります。欧米は、アジアに比べて就労ビザのハードルが遥かに高いです。欧米で働きたい外国人は多いので、制限をしないと外国人労働者が多くなりすぎるからです。

例えば、「語学力不問+ハワイ」などと検索すると、日本語だけの仕事は見つかります。しかし、仕事内容を見ると、本当にビザが取れるのか疑問な内容も多いです。欧米の語学不問の求人に応募する場合は、ビザについて必ず確認しましょう。

・何のビザなのか?

何のビザを取得するのか聞きましょう。

就労ビザでないなら、本当にそのビザで働けるのか大使館など第三者に確認しましょう。就労を目的としないビザで働くのは不法就労です。

・誰がビザ申請の費用を負担するのか?

就労ビザの申請は一般的に、「就労許可」の申請と、入国のための「ビザ」の申請に分かれます。特定の会社で働く場合、ほとんどの国では、就労許可は雇用企業から申請し、費用は企業負担です。

ネットにある体験談を見ると、就労許可を申請するのに、申請にかかる数十万円レベルの費用を自己負担したとの報告があります。

就労許可は、申請しても受かる保証はありません。本当に本人が費用を負担するのが適切なのか、本当に負担する価値があるのか、よく調べましょう。

ビザについて詳しくは、こちらの記事をご参照ください

海外就職のための就労ビザまとめ
海外就職のための就労ビザまとめ
海外で働くためのビザ・就労許可の種類、ビザの難易度の国別の難易度の違い、申請の方法について解説します。

語学力/英語力不問の海外求人の例

コールセンターなど、日本人が顧客のサービス業

海外でも本当に日本語しか使わない仕事の代表例は、日本語コールセンターなど日本人が顧客のサービス業です。

日本人が顧客なので、当然日本語しか必要ありません。コールセンターのオペレーターは、社内業務も少ないですし、同僚も日本人向けの仕事をしているので、社内でも日本語しか必要ありません。

日系企業相手の法人営業

対外業務の法人営業でも、意外に語学力不問、もしくは最低限の語学力としている求人もあります。

日系で働いて日系に営業するので、必ずしも語学力は必要ない

日本人の多くが現地就職するのは、現地の会社ではなく、日系企業の現地支社です。日系企業では、海外でも日本語が社内言語のことが多いです。日本語が社内言語の会社では、日本語だけでも社内業務はできます。

営業先の多くも日系企業です。ほぼ100%日系企業しか取引していない会社もあります。そして、取引先の相手も日本人だったり、日本語ができる現地人だったりする可能性が高いです。

語学力はあった方が有利

しかし、コールセンターと異なり、法人営業は基本的には語学力が必要です。採用で必要十分な英語力は、TOEIC 700点以上が目安です。英語ができなくても就職できる可能性はありますが、一定の英語力はあった方が絶対に有利です。

まず、日系企業でも、現地支社は英語が社内言語のケースもあります。現地スタッフを採用するのに、日本語よりも英語の方が優秀な人材を採用がしやすいからです。日本語でしか働けないなら、社内言語が英語の会社は諦めるしかありません。

社内言語が日本語でも、英語や現地語は役に立ちます。現地スタッフの中には日本語が不得意な人もいるからです。バイリンガルのスタッフに通訳をお願いするより、自分でコミュニケーションできた方が効率的です。

営業先でも同様で、相手が日系企業でも現地のスタッフもいるはずです。日本語しか話せない営業よりも、語学力がある営業の方が、仕事の幅が広がるのは明らかです。

日系メーカーの技術職

日系メーカーの工場の生産管理、金型技術者など技術職は、語学力不問、もしくは要求が低い求人が多いです。

語学よりも技術を優先

技術職の採用は経験者を求めているので、語学力よりも経験があることを重要視しているからです。日系メーカーでは社内言語も日本語で、日本語ができる現地スタッフもいるので、日本語だけでも大きな支障はありません。

やはり語学力はあった方が有利

しかし、法人営業と同じで、語学力が全く役に立たないというケースは少ないです。スタッフは日本語ができたとしても、生産現場のワーカーが日本語ができる可能性は低いでしょう。スタッフに頼らないで自分で指示ができた方が仕事が進みます。

法人営業の英語力の目安はTOEIC 700点~でしたが、技術職だと要求レベルが低めで、TOEIC 500点~を想定している求人が多いです。

料理人など専門職

料理人などの専門職も、高い語学力は求められません。技術職と同様で、語学力よりもスキルや経験の方が重要だからです。

日本語教師

日本にいる外国人の英語教師は、英語でレッスンをするのが普通です。日本語ができない教師も多いです。同じように、日本語教師も必ずしも語学力を求められません。日本人の教師は、日本語を使って日本語を教えることを期待されているからです。

語学 / 英語力不問の海外求人のメリット

働きながら海外に住むことができる

海外就職の目的が海外に住むことなら、語学力不問の仕事は、良い選択肢かもしれません。語学を習うには、お金がかかります。留学するなら、更に費用がかかりますし、収入もなくなります。

語学力が不問の仕事であれば、語学力を身につけなくても、すぐに海外に住むことができます。収入も入りますので、留学するよりも金銭的にも楽です。

語学の勉強になる(かもしれない)

語学の習得には、日常的に外国語を使う環境が重要です。日本で日本語しか使わない環境で学んでも、なかなか使える語学は身につきません。海外就職すれば、日常的に外国語にふれる環境を作ることができます。

日本と環境の変化が小さい

語学力不問ということは、日本と同じような職場環境ということです。海外に不慣れな人も、外国語を使って働くよりは、適応しやすいと思います。

語学/英語力不問の海外求人のデメリット

給与が低い

日本語しか必要ない仕事は、当然ながら語学ができる人よりも平均的に給与が低くなります。特に技術職や専門職でない場合はそうです。

例えば、タイの場合、日本人の最低給与は就労ビザが発行できる最低月収の5万バーツからが相場です(現時点で約17万円)。しかし、語学力不問の仕事の代表例のコールセンターでは、3万-3.5万バーツ程度です(chai krap bkk)。コールセンターは、ビザの特例で、最低月収の5万バーツ以下でも外国人を雇えるからです。

3万バーツだと、日本より物価の安いタイでも余裕を持った暮らしは難しいです。日本人との付き合いで気軽に日本食レストランに行くこともできません。外国人向けのきれいなアパートにも住めないでしょうし、帰国費用の捻出も大変です。

「だから、居場所が欲しかった。 バンコク、コールセンターで働く日本人」

コールセンターなど、給与の安い海外就職を考えている人は、是非こちらの本を読んでみてください。低賃金で海外で働く日本人の甘くない現実が書かれています。

「バンコクの日本人社会には、駐在員、起業家、現地採用日本人といったヒエラルキーが存在するが、コールセンターで働く日本人は最下層とみなされる。」

日本人コミュニティでのステータスが低い

給与が低いことに関連して、現地の日本人コミュニティでのステータスも低くなります。

海外で働くと、会社以外でも日本人と付き合う機会があります。良いか悪いかは別にして、現実問題として、海外の日本人コミュニティでは、収入格差を背景にしたヒエラルキーがあります。高収入の駐在が上で、低収入の現地採用が下です。現地採用の中でも、コールセンターなど日本語しか使わない仕事をしている人は、低く見られがちです。

日本でも収入格差はありますが、日本にいるときは年収格差が数倍もある人と付き合うことは少ないと思います。海外で働くと、日本人コミュニティが狭い分、収入格差を背景にしたステータスの違いが際立ちます。

語学力は身につきにくい

仕事で使える語学力を身につけるには、仕事で使うことが重要です。海外に住んでいても日本語でしか仕事をしないのであれば、仕事で使える語学力は伸びません。

海外といっても、語学力不問で就職するのは、ほとんどアジアです。現地の人が話しているのは英語ではないので、日常生活から英語を学ぶ環境ではないです。

キャリアアップにつながらない

日本語しか使わない仕事の場合、キャリアアップの観点では、海外就職をする意味はありません。日本語しか使わないのであれば、日本にいるのと同じだからです。日本語しかできないと、現地でキャリアップしていくのも難しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする