カナダの出産・育児・教育環境~カナダ移住の子育て事情

画像:無料写真素材なら【写真AC】クリエイター「Hades」タイトル「お絵かきをする男の子」

カナダに住んでいる人、カナダへの移住を考えている人向けに、カナダでの出産費用、育休・産休制度、保育サービスや、教育制度について解説します。

スポンサーリンク

出産費用・産休・育休

出産費用

カナダの出産費用

カナダで出産する場合、公的な医療保険に加入していれば、出産に関わる基本的な検診や分娩費用は無料です。カナダの医療費や医療保険については、こちらの記事をご参照ください。

カナダの給与・年収 ・生活費~カナダ移住・就職
カナダで働く場合の給与・年収について。カナダと日本の給与の違い。職種別の給与。赴任者、現地採用、アルバイトの給与。カナダの物価・生活費・税金についても紹介。

保険がない場合は、高額になる可能性がある

無料なのは、あくまでも保険がある場合です。ビザによっては、保険に入っていない状況もあります(例えば、ブリティッシュ・コロンビア州の条件は:Government of British Columbia)。

保険がない場合は、実費を自己負担です。普通に自然分娩するだけでも、1日でC$5,000以上必要だそうです。帝王切開になった場合、更に高額になります。また、万が一緊急手術など特別な治療が必要になった場合は、非常に高額になる可能性があります。

保険を持っていないなら、カナダで出産するのは、金銭的なリスクが高いです。

州の保険なしで出産した場合、費用はいくらくらいかかるのでしょうか?

州により病院によっても多少は違いがあると思いますが、出産する病院の費用は、0時に病院にいた時点で$5000チャージされます(24時間制ではありません)。出産費用としてクリニックに支払う分が$1500、無痛分娩の麻酔が1本$1000、その他会陰切開や小児科医の検診など追加があると、その分$500程度ずつ費用が増していきます。もちろん帝王切開も料金がかかります。よって、どんな出産をするかで大きく費用は変わってくるでしょう。病院での出産よりは、自宅出産のが値段は抑えられます($3500程度)。その際はミッドワイフ(日本でいう助産婦)を探す必要があります。

出典:NADESHIKO CANADA「Doulaのりこさんに聞く、カナダでの出産Q&A」

日本との比較

日本では、出産費用は自己負担で、健康保険は適用されません。

分娩入院費で約40万円、妊婦健診の費用で約5万8000円ほど必要です(Benesse たまひとnet)。

一方で、日本では子どもが生まれたときは、1児につき42万円の「出産育児一時金」が受けられます(全国健康保険協会)。自己負担としては、それほど大きくありません。

産休(産前産後休業・出産手当金)

カナダに移住してから子供を産むことを考えている人は、産休・育休の制度が気になるのではないでしょうか?

カナダにも日本と同じように産休・育休の制度があります。

カナダの産休・給付金:EI maternity benefits

EI: Employment Insurance = 雇用保険

・妊娠中か、出産直後で働けない母が対象

・最長15週取得できる

・出産予定日の12週前から、出産日の17週後まで取得できる

・給与の55%が支給される

詳しくは、政府のサイトをご参照ください。

Government of Canada「EI Maternity and Parental Benefits – Overview」

日本との比較

期間は、ほぼ同じ。金額は、日本の方が若干高いです

・最長14週取得できる

・出産予定日の6週前から、出産日の8週後まで

・給与の3分の2が支給される

細かくは、全国健康保険協会参照

育休(育児休業・育児休業給付金)

カナダの育休・給付金:EI parental benefitsは、2つのオプションがあります

オプション① Standard parental benefits

・最長35週取得できる。夫婦で35週を分配できる

・出産日から52週(12か月)以内に取得

・給与の55%が支給される

オプション② Extended parental benefits

・最長61週取得できる。夫婦で61週を分配できる

・出産日から78週(18か月)以内に取得

・給与の33%が支給される

出産・育児休暇について、最新情報は、以下のカナダ政府のページをご参照ください

Government of Canada「EI Maternity and Parental Benefits – Overview」

日本との比較

日本の育休制度は非常で複雑で、以下は単純化した条件です。

一般的なケースでは、日本の方が給与面では優遇されています。期間も条件によっては、日本の方が長くなります。

・最長1年間取得できる(女性は、出産後の産休8週間を含めて1年間)。男性も同時に取得できる

・子の年齢が1歳になるまで。夫婦両方取得する場合は、1歳2か月まで。保育所に入れないなど、条件によっては2歳になるまで認められる。

・育休開始から180日までは給与の67%、180日経過後は50%。夫婦両方が取得できる

正確には、以下をご参照ください。

厚生労働省「育児・介護休業法について」

カナダ生まれの子供の国籍

カナダで生まれた子供はカナダ国籍を取得する

カナダの国籍は生地主義です。つまり、両親が日本人でも、カナダで生まれた子供は、カナダ国籍を取得します。

カナダで生まれた日本人の子供は、日本国籍も取得して、二重国籍になる

一方で、日本の国籍は血統主義です。世界中どこで出産をしても、子供は日本国籍を取得します。カナダの国籍も取得するので、日本とカナダの二重国籍ということになります。

ただし、日本の国籍を留保するには、出生後3か月以内に出生届を提出する必要があります(法務省)。

二重国籍の子供は、22歳に達するまでに国籍を選ぶ

日本の法律では、二重国籍の子供は、22歳に達するまでに国籍を選択する必要があります。

法務省「国籍の選択について」

一方、カナダの法律では、二重国籍は禁止されていません。

Government of Canada「What is dual citizenship?」

カナダで出産した親の国籍・永住権

勘違いしている人もいるようですが、カナダで出産してカナダ国籍を得るのは、子供であって親本人ではありません。子供がカナダ国籍でも、親が自動的に永住権を得られるわけでもありません。

カナダ就労ビザまとめ~種類、取得条件、期間、申請方法(2017年更新)
カナダでの現地就職の観点でビザ、就労許可を紹介します。新卒&転職。一般向け就労許可。留学生。インターン。ワーキングホリデー、移民(永住権)申請プログラムなど

保育・就学前教育

保育サービス・就学前教育の種類

Daycare center(保育園):日本の保育園の役割に近い。0歳~Kindergarten入学まで。フルタイムで働く両親のために子供を預かる施設。教育もする。

Preschool(プレスクール):日本の幼稚園の役割に近い。3-5歳~Kindergarten入学まで(3歳未満を預かる施設もあり)。Preschoolは、児童の教育が目的。時間外の保育があるスクールもあり、実際はDaycareとサービス内容は被っている。

Kindergarten:5歳~小学校入学まで。小学校の準備のための教育機関。通常カナダでは、小学校に入る前の1年間はKindergartenで教育を受ける。

After and before school care(学童保育):プレスクール、Kindergarten、小学校に通っている児童向けに時間外の保育サービスを提供。

Nanny(ナニー):0歳~小学校くらいまで。ナニーを雇って自宅での保育。Daycare centerの代わりにフルタイムでの利用も、パートタイムでの利用もできる。

保育サービスの利用率

下のグラフは、児童のいる家庭の保育サービスの利用率です。2歳から4歳の利用が最も多く、5歳から徐々に下がり始めます。

1歳以下が少ないのは、育休を取っている家庭が多いためと思われます。4歳から5歳で利用率が下がるのは、5歳からは小学校の準備段階のKindergartenに通う児童が多いからだと思われます。

出典:Statistics Canada「Child care in Canada」

保育サービスの費用

以下の表は、Infant(まだ歩けない幼児)、Toddler(歩ける幼児)、Pre-School(4-5歳)の各都市での保育費用です。

バンクーバー、トロントでInfant、Toddlerの保育サービスを利用すると、1人の子供で月間C$1,000以上かかります。かなりの出費ですね。。。

モントリオールなどケベック州の保育費用が極端に安いのは、政府からの補助が充実しているからです。

出典:CBC News「Child-care affordability varies widely across Canada」

カナダの保育費は、日本や多くの国よりも高い

各国の保育費の自己負担を比較したOECDの資料によれば、カナダは先進国の中でも負担が重い国です。

日本は、OECD平均よりも若干高い程度です。日本での報道を見ても、日本での保育の問題は、費用というよりは、そもそも保育園に入れないことが問題となっているように思います。

表:収入に占める保育費の自己負担額

負担率
イギリス 33.8%
ニュージーランド 29.0%
アイルランド 27.4%
アメリカ 25.6%
スイス 24.1%
カナダ 22.2%
オランダ 20.2%
スロバキア 16.9%
ルクセンブルク 16.9%
フィンランド 16.8%
オーストラリア 15.7%
日本 15.3%
OECD平均 12.6%
ベルギー 11.7%
チェコ 11.6%
イスラエル 11.4%
ノルウェー 11.2%
デンマーク 10.7%
スロベニア 10.0%

出典:OECD「Society at a Glance 2016」、当サイト整理

カナダの保育費用が高いのは、補助が少ないから

カナダの自己負担率が高い要因は、政府からの補助が少ないからです。OECDの資料によれば、日本では保育費の57%が補助されています。カナダは、20%に過ぎません。

アメリカなど他の負担率上位の国も、政府からの補助が少ないために、負担率が高くなっています。

カナダの保育費の高さは、カナダ国内でも問題になっている

月間C$1,000以上の出費は、一般的なカナダの子育て世代にとっては、大きな出費です。2人以上を同時に育てるなら、収入が高い家庭でも厳しいです。

カナダは、日本ほどではないですが、出生率が低い国です。高すぎる保育費用が原因になっているとして、保育に投資しない政府に批判があります。

THE GLOBAL AND MAIL「We earn more than $100,000 a year. Why can’t we afford daycare?」

カナダでも待機児童問題がある

日本の保育園(特に東京)では、保育園の料金ではなく、保育園に入れない待機児童が問題となっています。

カナダの保育サービスは、高額な料金も悩みの種ですが、待機児童問題も同様にあります。

バンクーバー、トロントでは95%の施設で入園待ちのリスト(Wait List)があります。しかも、バンクーバーでは18%の施設が入園待ちに登録するのに、手数料を取っています(Canadian Centre for Policy Alternatives)。

日本と同じく、カナダの大都市でも、子供を妊娠・出産したら、すぐに「保活」に動く必要があります。

Daycare center、Preschoolの違い

Daycare center、Preschoolは、どちらもKindergartenに入学する前の児童を保育、教育する施設です。

定義は曖昧なので、明確な違いはない

Daycare centerもPreschoolも定義は曖昧です。他にもNursery schoolやChildcare centerなどと呼ばれることもあります。同じ施設が、サービスの内容ごとに「Daycare」、「Preschool」コースどちらも提供していることもあります。

以下にDaycare center、Preschoolの一般的な違いを説明しますが、絶対にDaycare centerには~のサービスがある、Preschoolは~がない、というわけではありません。

施設ごとにサービス内容は異なりますので、具体的にどんなサービスを提供しているのか確認しましょう。

Daycareは保育サービス、Preschoolは教育サービス

Daycare Centerと呼ばれる施設は、日本でいえば保育園の役割のことが多いです。フルタイムで働いている親の児童を預かることを前提にした施設です。

一方で、Preschoolは、日本での幼稚園の立ち位置です。幼児教育のために児童を預ける施設で、児童の親がフルタイムで働いているとは限りません。一般的には、Daycare Centerよりも預ける時間も短いです。

しかし、Daycare Centerでも教育はします。Preschoolも働く親のために遅くまで保育を提供している施設もあります。

対象の児童の年齢

共通点は、Kindergartenまでの施設ということです。カナダの児童は、小学校に入学する1年前にKindergartenに入ることが一般的です(4歳または5歳で入学)。

Daycare Centerは、施設によっては0歳から預かるなど、年齢の低い児童も対象にしています。働く親のための保育サービスの位置づけだからです。

Preschoolは、Kindergarten入学準備のための教育サービスの位置づけなので、3-4歳くらいの児童を対象にすることが一般的です。

しかし、Preschoolも3歳未満の児童を対象にした施設もあり、はっきりした違いはありません。

教育の内容

Preschoolも、Daycare Centerも、教育方針や内容は、施設ごとに異なります。勉強中心の施設もあれば、遊びを通して学ばせる施設もあります。

一般的な傾向としては、Preschoolの方が、Daycare Centerよりも勉強(座学)を重視する教育方針の施設が多いようです。

保育サービスの探し方、選び方

認可サービスの検索

認可されているDaycare Centerについては、州政府のサイトなどで一覧を探すことができます。例えば、オンタリオ州は、こちらです。

Ontario Ministry of Education「Find and pay for child care」

施設の選び方の基準

どこのDaycare Center、Preschoolに預けるかは、親が選ぶことができます。子供に合った施設を選ぶためには、以下の項目などを確認しましょう。

・価格

・対応可能な時間

・教育方針

・衛生環境

・食事

・スタッフの質

オンタリオ州政府のサイトに詳細な質問項目があり、参考になります。

Ontario Ministry of Education「Questions to ask a child care provider」

Kindergarten

Kindergartenは、一般的には「幼稚園」と翻訳されます。しかし、日本の幼稚園とKindergartenは全く別物と考えましょう。

日本の「幼稚園」のイメージに近いのは、どちらかと言えばPreschoolです。

Kindergartenは、学校教育の一環で、ほぼ必須

Kindergartenは、小学校の準備のための教育機関です。通常カナダでは、小学校に入る前の1年間はKindergartenで教育を受けます(2年の場合もあります)。

ブリティッシュ・コロンビア州などでは、義務教育が5歳から始まります。一般的には、5歳でKindergartenに入学します。

他の州でも、Kindergartenは、大部分の児童が通います。例えばオンタリオ州では、義務教育は6歳からですが、4-5歳の公立のKindergartenは義務教育と同じく無償です。

Kindergartenの費用

ブリティッシュ・コロンビア、オンタリオでは無償など、Kindergartenは無償もしくは費用が低いケースが多いです。Kindergartenは、学校教育の一環の位置づけだからです。

しかし、フルタイムで預かってくれるわけではないので、Kindergartenの授業後や、休みの日などは、別途保育サービスの手配が必要です。

Kindergartenの入学のタイミングは、州によって異なる

カナダの教育制度は、国ではなく州が管轄しています。Kindergartenに入学する年齢も州によって異なります。

例えば、オンタリオ州では、その年の12月31日までに4歳になる子供は「ジュニア」としてKindergartenに入学できます。ブリティッシュ・コロンビアは、同じく12月31日が基準ですが、5歳から入学です。アルバータ州は、3月1日までに4歳になる子供が、その年の9月から入学できます。

After and before school care(時間外保育、学童保育)

フルタイムで働いていると、Preschool、Kindergarten、小学校の授業後(あるいは授業前)に子供を預ける必要があります。

日本での学童保育のような位置づけで、「After and before school care」というサービスが提供されています。

対応時間や費用は施設や学校によって異なる

対応してくれる時間は費用は、Preschool、Kindergarten、小学校によって異なります。フルタイムで働いている場合は、時間外保育の有無が重要ですので、施設を選ぶ際に確認しましょう。

Nanny(ナニー)

カナダでは、日本よりもNanny(ナニー、保母)を雇うことが一般的です。価格も日本よりも安めです。

ナニーの雇い方

ナニーのマッチングサイトなどを通して直接雇うことが一般的です。仲介業者を通すこともありますが、日本よりは個人に直接依頼することが多いようです。例えば、こちらのサイトです。

CanadianNanny.ca

以下の記事は、カナダでナニーとして働いている日本人から見たナニーの雇用についてです。この方のようにナニーとして働いている日本人もいるので、日本人のナニーを探すことも可能です。しかし、圧倒的に多いのはフィリピンからの移民のナニーです。

ナニーを探している家族は、ナニーのマッチングサイト(ナニーの仕事を探している人たちとナニーを探している家族を結びつけるサイト)でナニーを見つけて、そこから面接、労働条件や賃金などの交渉がありナニーとして雇用となります。中には友人の紹介などもありますが、紹介などはまれで、基本的にネット上の見知らぬ人を雇う。という形です。

私の場合、子供がいるわけでもなく、ナニーとしての経験があるわけでもない外国人。赤ちゃんのおむつさえ変えたことがなかったのに、私の雇用主は3回スカイプで面接しただけで
私のことを信用してくれて、大切な子供たちを私に託してくれました。私には、ちょっとできません。

カナダ永住権取得を目指すブログ「カナダの子供とナニーの関係が日本と違いすぎて唖然」

カナダのナニーの平均時給

日本でナニーを雇うことに比べると、安価です。それでも、フルタイムで雇うと、1日C$100以上します。1か月では、C$2,000~くらいでしょうか。子供1人の場合は、Daycare Centerなど他のオプションよりも割高です。

都市 平均時給
バンクーバー C$15.68
トロント C$15.17
カルガリー C$14.41
オタワ C$13.99
モントリオール C$13.39

出典:CanadianNanny.ca「How Much Does a Nanny Cost?」

こちらの記事で、オンタリオ州で住み込みのナニーを雇う費用の明細を紹介しています。80時間の稼働として、C$2,130の試算です。

Ontario Caregiver Recruit「The cost of hiring an overseas nanny – Payroll Chart」

日本の例

Poppins スタンダードコース料金(2018年2月現在)

項目 金額
入会金 50,000円
年会費 10,000円(お子様お一人あたり)
通常料金(9:00〜17:00) 2,500/1時間(3時間より)
夜間料金(17:00〜22:00) 700円増/1時間

小学校~高校

州ごとに制度が異なる

カナダの教育制度は、国ではなく州が管轄しています。大まかな制度は共通ですが、州ごとに異なる点があります。

カナダの各州の制度の詳細を知りたい場合は、以下の外務省のページが参考になります。

外務省「諸外国・地域の学校情報」

小中高の区分が異なる

ケベック州を除くと、小学校から高校までで12年間という点は同じです。しかし、州によって学年の区切り方は異なります。

バンクバーのあるブリティッシュコロンビア州は、小学校に当たるElementary Schoolが7年間+中学校と高校含むSecondary Schoolが5年間です。トロントのオンタリオ州は、Elementary Schoolが8年間、Secondary Schoolが4年間です。

出典:AJインターナショナルアカデミー AJ国際留学支援センター「カナダ教育制度」

新年度は9月から

日本の学校の新年度は4月から始まります。

一方でカナダでは9月から始まります(ケベックは8月下旬から)。9月に学期が始まるのは、アメリカも同じく9月。ヨーロッパも9月の国が多いです。

就学年齢基準日

日本では、4月1日が「就学年齢基準日」で、4月2日生まれから翌年の4月1日生まれまでの子供が同じ学年で学びます。

ややこしいですが、4月1日は早生まれで、3月誕生日の子供と同じ学年になります。なぜ4月1日が早生まれ扱いなのか興味のある方は、こちらの説明をご参照ください。

文部科学省「4月1日生まれの児童生徒の学年について」

それでは、9月が学年の開始のカナダは、9月から翌年の8月までが同じ学年なのでしょうか?

カナダは、州ごとに就学年齢基準日が異なる

就学年齢基準日は、英語では「Cut off date」です。

教育制度が州の管轄のカナダでは、Cut off dateも州ごとに異なります。

就学年齢基準日 入学時期
ブリティッシュ・コロンビア 12月31日までに満6歳になる児童 その年の9月
オンタリオ 12月31日までに満6歳になる児童 その年の9月
アルバータ 9月1日までに満6歳になる児童 その年の9月
ケベック 10月1日までに満6歳になる児童 その年の8月下旬

出典:外務省「諸外国・地域の学校情報」、当サイト整理

最も一般的なのは、1月1日から12月31日まで同学年

最も一般的なのが、ブリティッシュ・コロンビア州、オンタリオ州の基準で、1月1日から12月31日生まれの子供が、その年の1学期(9月)に入学します。

例えば、ブリティッシュ・コロンビア州では、12月31日までに満6歳になる子供が、その年の9月に小学校1年生になります。1月1日に6歳の誕生日を迎えた子供が、同級生の中では最も年長になるということです。

公立学校の費用

カナダの児童の大部分は、公立学校に通います。私立学校の生徒は全体の5.6%にしか過ぎません(Wikipedia)。

外国人の児童も現地の公立学校に通うことが一般的です。

ビザの条件によっては、外国人でも現地の公立学校が無料

カナダは、基本的に義務教育の学費は無料です。

外国人も一定の条件を満たせば無料です。カナダの公教育は、国ではなく州の管轄なので、条件は州によって異なりますが、基本的には永住者や就労している人の児童は無料です。

例えば、バンクーバーのあるブリティッシュコロンビアの場合は:

外国人に対しての特別な学費負担

【無料で公立学校へ入・編入学する際の条件(査証・納税条件など)】
1年以上の就労査証を有している親の子女、若しくは州立大学の1年以上の就学査証を有している親の子女の場合は学費は無料。
【無償で教育が受けられない場合の負担費用(バンクーバー市の場合)】
【授業料】 14,000/年額(カナダドル)
【願書料】 200/年額(カナダドル)
【医療保険料】 950/年額(カナダドル)
【教材費】 その都度

出典:外務省「諸外国・地域の学校情報:カナダ(ブリティッシュ・コロンビア州)」

その他の州の情報も、外務省のサイトで確認できます。

外務省「諸外国・地域」の学校情報

私立学校の費用

私立学校の場合は、授業料はピンキリです。立地や設備の充実度などによって、高い学校では年間C$50,000以上のケースもあります。以下は、バンクーバーとビクトリアにある私立学校です。

都市 学校名 学年 学費(最高)
Victoria St. Michaels University School K to 12 C$74295
Victoria UWC Canada 12 C$58000
Victoria St. Margaret’s School JK to 12 C$53350
North Vancouver Bodwell High School 8 to 12 C$37000
Vancouver Fraser Academy 1 to 12 C$31250
North Vancouver Kenneth Gordon Maplewood School K to 12 C$23950
North Vancouver Brockton School JK to 12 C$23700
West Vancouver Mulgrave School PS to 12 C$21000
Vancouver York House School JK to 12 C$20300
Vancouver Madrona School Society K to 10 C$18000
Vancouver Pear Tree Elementary K to 7 C$15500
North Vancouver Vancouver Waldorf School Nursery/Toddler to 12 C$15130
Vancouver Avante School 2 to 12 C$15000
Vancouver Claren Academy K to 3 C$15000
North Vancouver Cousteau: The French International School of Vancouver PS to 9 C$13700
Vancouver Westside Montessori Academy PS to 7 C$11000
Victoria ArtsCalibre Academy PS to 8 C$5850

出典:OUR KIDS「School tuition and costs: a complete guide」

Boarding Schoolは、寮の費用も含まれる

私立の中でも特に学費が高いのが、学校の寮に寄宿するBoarding School(寄宿学校)です。カナダに限らず欧米のエリート校はBoarding Schoolが多いです。一般的に寮の費用も含めた学費が掲載されます。

留学生は学費が高い

一般的に、私立学校は州内の学生、州外の学生、留学生で学費を分けています。例えば、以下の「St. Michaels University School」でBoardingの場合、州内の学生はC$47,075ですが、留学生はC$61,590必要です。

K 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
Day (Domestic: in province) $17,235 $19,665 $21,410
Day (Domestic: out of province) $22,020 $24,455 $26,200
Day (International) $35,955
Boarding (Domestic: in province) $47,075
Boarding (Domestic: out of province) $51,865
Boarding (International) $61,590

出典:OUR KIDS「St. Michaels University School」

まとめ

・出産費用は無料だが、公的保険を持っていない場合は、非常に高額になる可能性がある。

・産休、育休は、日本と同じくらい。日本の方が若干条件が良くなるケースが多い。

・カナダで生まれた子供は、大人になるまでカナダと日本の二重国籍。親のビザには影響ない。

・カナダの保育サービスは、月間C$1,000以上することがあり、日本に比べて高額。

・費用だけでなく、更に待機児童の問題もある。

・5歳児が通うKindergartenは、学校教育の一環。州によっては、無償。

・義務教育は、永住者、カナダで仕事がある人の子供は、基本的には無償。


こちらの記事もいかがでしょう?

カナダに住む~カナダ移住・永住のメリット・デメリット
カナダ移住に興味がある人向けに、カナダ移住のメリット・デメリットを解説します。カナダの気候、カナダでの仕事、物価、教育環境などについて。
カナダの給与・年収 ・生活費~カナダ移住・就職
カナダで働く場合の給与・年収について。カナダと日本の給与の違い。職種別の給与。赴任者、現地採用、アルバイトの給与。カナダの物価・生活費・税金についても紹介。
カナダ就労ビザまとめ~種類、取得条件、期間、申請方法(2017年更新)
カナダでの現地就職の観点でビザ、就労許可を紹介します。新卒&転職。一般向け就労許可。留学生。インターン。ワーキングホリデー、移民(永住権)申請プログラムなど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Google関連記事