小学校の英語教育 2020年度からの新カリキュラム

画像:無料写真素材なら【写真AC】クリエイター「FineGraphics」タイトル「赤ちゃんに本を読む女性」

2020年から、学校の英語教育が大きく変更し、小学3年生から英語の授業が始まる予定です。

本記事では、どのような点が変更になるのか、どのような教育内容になるのか、などについて解説します。

スポンサーリンク

小学校の英語教育の推移

現在アラフォーの私が小学校のときは、英語の学習時間は全くありませんでした。子育て世代の人は、小学校の英語教育を経験していない人も多いかと思います。

2002年~総合的な学習の時間

全国的な英語教育は、「総合的な学習の時間」の選択肢として、2002年から本格的に始まっています。

2003年に行われた調査では、全国の小学校の約88%が何らかの形で英語活動を実施していました(三重県総合教育センター「小学校外国語活動についての調査研究」

2011年~学国語活動として必修化

2011年には「外国語活動」として必修化され、小学校5・6年生を対象に年間35時間(週1コマ相当)の授業が行われています。

2020年~教科化

そして、2020年の変更では、小学校3・4年生から年間35時間の「外国語活動」、小学校5・6年生は年間70時間の「外国語」の授業になる予定です。

2020年までの移行期間として、2018年からは小学校3・4年で年間15時間、小学校5・6年で年間50時間の英語の授業になります(ベネッセ教育情報サイト)。

文部科学省「小学校外国語活動・外国語 研修ガイドブック」

3・4年生は週1コマの「外国語活動」、5・6年生は週2コマの「外国語」

小学校3・4年生向けの「外国語活動」は、「聞くこと」 「話すこと」を中心とした音声によるコミュニケーションになります。現在は、同じような内容を小学校5・6年で行っています。

一方で、5・6年生からは、「聞くこと」 「話すこと」に加えて、「読むこと」及び「書くこと」も含まれる「外国語」の授業になります。また、授業のコマ数が、現在の週1コマから、週2コマに増えます。

現在 2020年から
小学3・4年生 なし ・「外国語活動」

・年間35時間(週1コマ)

・音声によるコミュニケーション

小学5・6年生 ・「外国語活動」

・年間35時間(週1コマ)

・音声によるコミュニケーション

・「外国語」

・年間70時間(週2コマ)

・音声に加えて「読むこと」及び「書くこと」

小学校の英語授業の目標は?

「聞くこと」「話すこと」「読むこと」「書くこと」の 4 技能について以下の目標が掲げられています。

「聞くこと」「話すこと」は、3年生からありますが、5・6年生の外国語になると、より高度になります。

5・6年生の「読むこと」「書くこと」については、中学校の内容の基礎のように見えますが、重点は「コミュニケーション活動を通して気付きを促すこと」です(小学校外国語活動・外国語研修ガイドブック)

外国語活動(3・4年生) 外国語(5・6年生)
聞く  「自分のことや身の回りの物を表す簡単な語句を聞き取る」など  「短い話の概要を捉えることができる」など
話す  やりとり:「サポートを受けて、自分や相手のこと及び身の回りの物に関する事柄について、質問をしたり質問に答えたりする」など

発表:「人前で実物などを見せながら、自分の考えや気持ちなどを話す」など

やりとり:「その場で質問をしたり質問に答えたりして、伝え合うことができる」など

発表:「伝えようとする内容を整理した上で、簡単な語句や基本的な表現を用いて話す」など

読む  なし 「活字体で書かれた文字を識別し、その読み方を発音する」など
書く  なし 「例文を参考に、音声で十分に慣れ親しんだ簡単な語句や基本的な表現を用いて書くことができる」など

参照:文部科学省「小学校学習指導要領(平成 29 年告示)」

教材・教科書

2020年からは、5・6年生の「外国語」が教科になるので、検定教科書が作られます。

2018年、2019年の移行期間については、検定教科書の作成が間に合わないので、文科省から移行期間向けの教材が用意されています。

3・4年生用:Let’s try!

5・6年生用:We can!

こちらに教材のサンプルがあります。

文部科学省「新学習指導要領に対応した小学校外国語教育新教材について」

授業の内容

音声で英語を理解して、英語で会話する練習がが中心です。

文部科学省の「教材指導書」に掲載されている例です。

・音声教材の英語の会話を聞いて、聞き取った内容を記入する。

・生徒4人で質問をし合って、答えを記載する。

・授業で習った表現を使って、自己紹介をする。

日本人の先生で対応できるのか?

小学校の英語は、音声コミュニケーションの習得を基本としています。

しかし、英語が得意な日本人は少ないです。全国津々浦々、英語の会話を自信をもって教えられる先生がいるとは思えないです。

新しい英語教育に対応する指導体制について、文部科学省は、次のように提言しています(今後の英語教育の改善・充実方策について

・小学校の中学年では、ALT等とのティーム・ティーチングも活用

・高学年では、学級担任が英語の指導力に関する専門性を高めて指導。専科指導を行う教員も活用

・2019年度までに、すべての小学校でALTを確保できる条件を整備

・教職課程において英語力・英語指導力を充実する観点から改善

・現職教員へは、継続的な現職研修や養成カリキュラムの実施

中学校入試への影響

2020年に5・6年生の英語が教科化されますので、多くの中学校の入試で、英語が必須科目になることが予想されています。

既に、英語の入試は増えてきています。帰国生入試以外で、英語入試を実施した首都圏の中学校は、2014年 15校 → 2018年 112校、と数年で大きく増加しています(首都圏模試センター)。

有名校では、今のところ、英語入試を実施している中学校は少ないです。

しかし、慶應湘南藤沢が2019年から選択制の英語入試を予定、開成が「検討中」など、徐々に英語が重要になってくると考えられます。

中学受験を検討しているご家庭は、今後の中学入試の動向に要注目です。

小学校3年以前に英語教育をすべきか?

小学校の英語教育は、当然ながら基礎からなので、特に準備をする必要はないと思います。

しかし、小学校3年で習うような内容を事前に練習しておけば、初めての英語の授業には入りやすいかと思います。

一般的な子供向けの英会話の内容なので、子供向けの英会話スクールが向いていそうです。

ただ、授業が始まる前に英語を勉強しすぎると、学校の授業は簡単過ぎて、退屈になってしまうかもしれません。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Google関連記事