高校留学するには~留学する目的、国、学校の選び方

photo by KleinISD; CC-Zero from Wikimedia Commons

日本でも国際化が進む昨今、英語の重要性は益々高まっています。

高いレベルの英語力を身につけるために、若いうちから国際感覚を身につけるために、高校から留学をする人が増えてきています。

高校留学を考えるなら、まず何から検討を始めるべきでしょうか?

本記事では、留学の検討を進める最初のステップとして、留学する国と、志望校の選び方について解説します(短期留学や1年間の交換留学ではなく、現地で卒業する留学についてです)。

スポンサーリンク

高校留学の目的は?

そもそも、なぜ高校留学をしたいと思ったのでしょうか?留学から何を得たいのでしょう?

高校留学の目的を書き出して、留学の目標を整理してみましょう。目的によって、留学すべき国や学校は異なってくると思います。

例えば、以下のような目的が考えられます。

目的① 英語力を高めたい

最も分かりやすい目的は英語力を高めることだと思います。

英語や外国語の習得をする年齢は早ければ、早いほど有利です。

子供の英語教育・英会話は、いつから始めるべき?意味がない?
「英語は小さいころから学習すべきなのか?」、「いつから習うのがいいのか?」、「母語の日本語には影響がないのか?」など早期の外国語学習は、多くの人が疑問に思うテーマです。日英バイリンガルの子供を育てたいとして、英会話・英語教育は、いつから行うべきかを考えます。

大学からより、高校から英語の環境で勉強をした方が、ネイティブに近い英語力を身につけられる可能性が高くなります。

以下の研究は、アメリカに移住した中国人、韓国人の子供を対象にしたものです。3-7歳までに移住した子供はネイティブと同程度の英語力を身につけますが、8歳以上になると、移住時の年齢が上がるごとに、最終的に到達する英語力が下がります。

Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America「Economic, neurobiological, and behavioral perspectives on building America’s future workforce」

目的② 国際経験を高めたい

海外留学をすると、長期間海外に住み、日本と異なる環境で生活することになります。

若いうちから、日本語では話せない人、日本の常識とは異なる文化を持つ人と交流することは、素晴らしい国際経験だと思います。

アメリカなど英語圏の高校では、移民や留学生が多いので、様々な国の出身の学生と知り合う機会もあると思います。

目的③ 海外の大学に進学したい

将来、海外の大学への進学を目指している人もいるかと思います。

海外の大学に進学するなら、高校から海外で学んでいた方が、英語力などの面でスムーズです。日本の高校で海外トップ大学に入学できる英語を身につけるのは、ハードルが高いです。

また、日本の高校から海外の大学に進学する人はほとんどいません。周りにほとんど海外大学進学に詳しい人がいない状況で、進学の準備をしなければなりません。海外の高校にいれば、同級生や先生から、現地での大学進学の情報も得ることができます。

高校生のための海外就職戦略
高校生以前で、将来海外の就職を希望しているなら、進路の選択は海外大学留学の一択です。①就労ビザの取得が有利になる。②現地の語学や文化を学べる。③現地の国へのコミット。④海外での就職活動の拠点確保。⑤日本の大学のランキングは低い

目的④ 日本とは違う環境で勉強したい

日本の高校だと、大学受験のための勉強が忙しいです。特に進学校だと、高校3年生は、ほとんど受験勉強一色です。

受験勉強をしたくないなら、海外の高校で学ぶのも、一つの方法です。

もちろん、欧米でも大学受験の準備は必要ですが、日本ほどペーパーテストに偏っていません。欧米の大学受験は、学校の成績や、課外活動、志望動機など、様々な点が考慮されます。

日本の大学を受験するとしても、海外高校の卒業生は「帰国子女枠」で受験することができます。帰国子女枠だと、一般の筆記試験ではなく、海外高校の成績や、TOEFLなどの外部のテスト、小論文などで受験をすることができます。

また、日本の高校は、クラスの人数が多いこともあり、授業は画一的です。欧米の高校では、少人数クラスで生徒に合わせた授業をする学校もあります。

日本での選択肢はないか?

それでは、あなたの目的は、果たして海外に行かないと達成できないものでしょうか?

例えば、英語力や国際経験について、日本にあるインターナショナルスクールや、外国人比率の高い学校では、達成できないでしょうか?

日本の学校でも達成できる目的なら、必ずしも海外で勉強する必要はありません。日本で勉強した方が有利な点として、以下のような点があります。

費用

海外留学は大きな費用がかかります。一般的には、学費や生活費など含めて、年間300万円程度は必要だと思います。有名私立高校だと、年間600万円以上必要です。

日本でもインターナショナルスクールなど、英語で学べる高校だと、学費は高いです。

しかし、実家から通うことができれば、生活費の負担は少なくなります。ビザの申請費用や、渡航費、現地での日本語サポート費用など、留学に伴う様々な費用も必要ありません。

環境への適応

留学は、大学生や社会人にとっても、大変な環境変化です。

高校生にとって、親元を離れての一人暮らし自体が大変です。更に、慣れない環境、慣れない言語で、新生活を始めなければなりません。

日本の高校であれば、少なくとも学校の外は今までの環境と同じです。英語で学ぶだけでも大変なので、学業以外の環境変化を減らすことで、負担が少なくなります。

日本語のメンテ

幼いことから海外に住んでいる日本人、いわゆる「帰国子女」は、日本語力が弱い人も少なからずいます。家庭の外では、日本語を使う機会が少ないからです。

日本語も英語も完ぺきな帰国子女は、日本語補習校に通うなど、意識的に日本語もトレーニングした人が多いです。

高校から海外に渡り、大学も海外だと、日本語が弱くなる可能性があります。

日本に住んでいれば、学校の外では今まで通り日本語の環境になりますので、日本語力のメンテもしやすいと思います。

留学先の国を選ぶ基準

海外留学の目的が具体的になったら、次に考えるべきは、留学先の国です。国によって、教育制度や、留学生の受け入れの方針、対応している留学エージェントなどが異なるからです。

基準① 教育環境

高校は勉強しに行くので、教育環境は最も重要です。

しかし、国を選ぶ段階では、教育環境は考えなくてもいいと思います。教育環境は、個別の学校によって、大きく異なるからです。

例えば、同じカナダでも、公立学校とボーディングスクールでは全く異なります。どちらかといえば、カナダのボーディングスクールとアメリカのボーディングスクールの方が環境は似ています。

基準② 費用

留学くらべーる」によると、高校留学の国別の費用は、以下の通りです。

英語圏の主要国では、それほど費用に違いがないことが分かります。

アメリカなどは、200万~とありますが、300万円程度は想定しておかないと、厳しいと思います。

国名 1か月 3か月 半年 1年
アメリカ 30~70万円 70~100万円 150~300万円 200~600万円
カナダ 30~50万円 80~100万円 100~200万円 200~450万円
オーストラリア 30~60万円 80~100万円 120~200万円 200~450万円
ニュージーランド 30~50万円 70~100万円 100~150万円 200~500万円
イギリス 40~70万円 150~200万円 200~400万円 300~600万円
ハワイ 40~70万円 70~100万円 150~300万円 300~500万円

※授業料・食費・滞在費を含めた費用の目安になります。

出典:留学くらべーる

基準③ 大学の進学先

海外大学への進学を考えているなら、進学したい大学のある国を選んだ方が、受験はスムーズだと思います。

例えば、アメリカの大学に進学したいなら、オーストラリアよりは、アメリカにすべきです。もしくは、地理的に近く、アメリカの大学への進学が多いカナダの高校にすべきです。

基準④ 日本から時差

高校生で、海外に住み、海外に学ぶのは、不安な点も多いと思います。

時差が小さい場所に住んでいれば、何かトラブルがあった場合に、すぐに親や信頼できる日本の友達に連絡できます。

時差の点では、オーストラリアや、ニュージーランドは有利です。伝統的な留学先ではありませんが、シンガポールやマレーシアも時差は小さいです。

逆にボストンやニューヨークなど、アメリカの東海岸だと、日本と真逆になるので、気楽に電話するのは難しくなります。アメリカだと、ハワイが比較的時差が小さいです。

基準⑤ 好きな国か?

最後に、留学する本人が好きな国かは、最も重要な点かもしれません。留学するということは、長ければ3年間、現地で生活するということです、大学まで進学すれば、もっと長くなります。

高校留学を検討しているなら、準備を始める前に、留学を検討している国・都市に旅行に行ってみるべきだと思います。できれば、観光地をするだけではなく、のんびり長期滞在をして、現地で暮らす経験をしてみましょう。

留学エージェントを使うべきか?

高校留学についてネットで調べると、留学エージェントのページが出てきます。

日本人は、高校留学に限らず、大学や語学留学でもエージェントを使うことが多いです。しかし、必ずしもエージェントを使う必要はありません。

エージェントを使うメリット

・日本語で相談することができる

学生本人も両親も英語が得意ではない場合、自分で英語の資料を調べて、自分で学校などに連絡を取るのは、非常にハードルが高いです。

日本のエージェントを使えば、日本語で学校の選定や、受験の申請を進めることができます。

・一から自分で調べる必要がない

留学先を自分で一から調べるのは大変です。日本の高校であれば、何となく候補の学校を知っていると思います。先生、友人、メディアなどから、日々関連する情報を聞いているからです。

しかし、海外の高校となると、全く知らない人が多いと思います。全く知らないところから始めて、必要な情報を整理していくのは大変です。その点、エージェントに入ってもらえば、ある程度整理した情報を教えてくれますし、疑問があれば、すぐに答えてくれます。

・日本人にとって注意が必要な点を教えてくれる

英語が得意であれば、留学先の国の情報を直接調べることもできます。しかし、海外の政府や学校が提供しているのは、「外国人一般」に向けての情報です。

日本人が特に知りたい点、日本人が注意が必要な点などは、自分で調べる必要があります。エージェントであれば、日本人が知りたい情報を知っています。

エージェントを使うデメリット

・費用がかかる

当たり前ですが、エージェントは商売ですので、エージェントのサービスを使えば費用が発生します。

自分で学校に申請すれば無料でも、エージェント経由であれば仲介費用が発生します。学校に問い合わせれば分かる内容でも、エージェント経由で情報を取ると、「現地サポート費用」がかかります。

・学校の紹介に偏りが出る

学校によっては、エージェントからの申請を受け付けていません。そのような学校をエージェントが積極的に紹介するとは考えにくいです。

また、エージェントごとに、良く知っている学校、得意な学校もあると思います。エージェントとしても、自分の得意な学校を紹介しがちになるのは、仕方ないと思います。

よって、エージェントが紹介してくれる学校は、全ての選択肢から選んだ、あなたにベストの学校とは限りません。

・日本語に頼ってしまう

エージェントは「現地サポート」として、留学中の日本語でのサポートを提供しています。学校やホームステイ先への連絡や、トラブル対応などです。

便利なサービスではありますが、日本語に頼ってしまうと、実践的な英語を使う機会が減ってしまいます。

志望校を選ぶ基準

基準① 進学実績

海外大学への進学を考えている場合、進学実績は大きな指標になります。

一般的な高校であれば、生徒数に占める大学進学率の割合。

進学校であれば、エリート大学や、進学を希望する大学への進学実績です。日本でも、進学校の実績として、東大や医学部への進学実績が評価されるのと同じです。

基準② 標準テストの平均点

海外でも日本のセンター試験のように大学試験のための標準テストがあります。例えば、アメリカだとSATです。

標準テストの平均点は、学力水準を比較する、客観的で分かりやすい数字です。欧米では、筆記テストだけで入試が決まるわけではありませんが、標準テストの点数は、概ね進学実績に比例します。

基準③ 教師当たりの生徒数

有名私立高校などでは、少人数クラスを採用しています。少人数クラスの方が、きめ細かく個別の生徒のニーズに合わせることができます。

アットホームな雰囲気で学びたい、生徒に合わせた指導を受けたいなら、「教師当たりの生徒数」が少ない学校を優先すべきです。

難点としては、一般的に教師当たりの生徒数が少ないと、学費は高くなることです。

基準④ 留学生の割合

留学生が多い学校の方が、留学生の受け入れに慣れています。留学生へのサポートや、留学生向けのクラス(ESL)も充実していることが多いです。

よほど英語力が高くない場合、留学生の割合が一定数いる学校の方がいいと思います。

一方で、留学生の割合が極端に高い場合、出身国の生徒同士で集まったりと、デメリットも出てくると思います。

基準⑤ 寮やホームステイ先の手配

学校によって、寮やホームステイ先を手配しているところと、していない学校があります。

手配しない学校の場合、自分でホームステイ先を探すなり、エージェントに頼む必要があります。

エージェント経由でなければ、学校が斡旋してくれる方が、トラブルは少ないと思います。

基準⑥ 学校の雰囲気

最後に、学校のカルチャーに馴染めるかは、楽しく学校生活を送る上で重要です。

可能であれば、学校を見学させてもらったり、先生に会って話を聞いてみましょう。受験のモチベーションを高めるうえでも、どのような学校を目指しているのか、実際に見てみることは役に立つと思います。


こちらの記事もいかがでしょう?

高校留学のメリット・デメリット
高校留学のメリット:①英語(外国語)の習得は若いほど有利。② 国際感覚、多様な価値観が身につく。③海外大学への留学がスムーズ。④帰国子女枠を使うことができる。⑤自立心が身につく。デメリット:①費用が高い。日本の大学進学の選択肢が狭くなる。
高校留学の費用~アメリカ、カナダ、オーストラリアなど
高校留学費用の目安:年間300万円~、有名私立では600万円以上。費用の内訳:毎年かかる費用、初期費用。留学費用を安くするには?アメリカ留学、カナダ留学、オーストラリア留学の費用具体例。
高校生のための海外就職戦略
高校生以前で、将来海外の就職を希望しているなら、進路の選択は海外大学留学の一択です。①就労ビザの取得が有利になる。②現地の語学や文化を学べる。③現地の国へのコミット。④海外での就職活動の拠点確保。⑤日本の大学のランキングは低い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Google関連記事