バイリンガル(英語 日本語) 保育園・幼稚園のメリット・デメリット

画像:無料写真素材なら【写真AC】クリエイター「acworks」タイトル「新聞を読む子供1」

日本でも国際化が進む昨今、英語の重要性はますます高まっています。

子供には、英語を使えるようになって欲しい、将来英語で苦労してほしくない、そんな親世代も多いかと思います。

英語は、習い始める年齢が早い方が習得がしやすいです。そこで、英語の教育のために、英語の保育園や幼稚園に子供を通わせる家庭もいます。

一方で、100%英語の保育園・幼稚園に通っていると、逆に日本語を使う時間が少なくなって、日本語が弱くなる可能性があります。

英語だけではなく、日本語もしっかりと学んで欲しい。そんな家庭の需要に答えるのが、英語と日本語のバイリンガルで保育・教育を行う、保育園や幼稚園です。

本記事では、バイリンガル保育園・幼稚園のメリット・デメリットなどについて解説します。

スポンサーリンク

バイリンガル保育園・幼稚園とは?

バイリンガルとは、2カ国語を使いこなせる人のことです。

バイリンガル保育園・幼稚園とは、日本語と英語のバイリンガルを育てることを目標にする保育・教育施設のことです。

本記事では、「保育園・幼稚園」と記載していますが、学校教育法上の幼稚園で、「バイリンガル幼稚園」はありません(あったとしても少ないです)。柔軟にバイリンガル教育を行うには、幼稚園の教育課程では難しいからです。

制度的上の分類としては、認可外保育園の施設が多いようです。

バイリンガル保育園・幼稚園には多くの形がありますが、大きく分けるとインターナショナルスクール付属か、独立系のスクールかで分かれます。

インターナショナルスクール付属

インターナショナルスクールは、日本にありながら、英語で授業をする学校のことです。

一般的には、小学校から高校まで、英語で授業をする学校のことを指します。

・小学校入学前のキンダーガーテン

インターナショナルスクールの多くは、小学校入学前の児童向けに2~3年間程度のプログラムがあります。保育施設というよりは、インターナショナルスクールの教育カリキュラムの一環です。

名称は学校によって異なりますが、キンダーガーテン(Kindergarten)としていることが多いです。1年目はK1、2年目はK2と呼びます。

ほとんどのインターナショナルスクールは、キンダーガーテンから英語のみの教育で、バイリンガル教育ではありません。そのようなインターナショナルスクールに通うなら、日本語の教育は、学校の外で補習する必要があります。

・キンダーガーテン入学前のプレスクール

キンダーガーテン就学前の、2~4歳程度の児童向けにプログラムを設けている学校もあります。

こちらも、名称は学校によって異なりますが、「プレスクール」と呼ぶ学校が多いです。

キンダーガーテンと同じで、ほとんどのインターナショナルスクールはプレスクールから100%英語で、バイリンガル教育ではありません。

・インターナショナルスクールでも、日本語教育を重視する学校もる

インターナショナルスクールでも、英語だけではなく、日本語も重視している学校もあります。

例えば、ローラスインターナショナルスクールは、キンダーガーデンから小学校まで日本語の習得にも力を入れています。「キンダーにつきましては一日中オールイングリッシュの生活ですが日本語がおろそかになることはございません。就学前の準備は日本語のアフタースクールで対応いたします。」

インターナショナルスクール付属以外

英語で保育・教育を行う施設は、インターナショナルスクールの付属校だけではありません。数としては、独立系の施設の方が多いです。

一般的には、年齢に関わらず「キンダーガーテン」ではなく、「プリスクール」、「プレスクール」と呼ばれることが多いです。

インターナショナルスクール以外のプレスクールでは、バイリンガル教育を全面に押し出した学校も多くあります。

バイリンガル保育園・幼稚園のある地域

・キンダーガーテン・プリスクールは大都市に集中している

保育園や幼稚園は、全国津々浦々あります。一方で、キンダーガーテン・プリスクールは、大都市に集中しています。

インターナショナルスクール付属のキンダーガーテンは、ほとんどが東京など一部の都市に集中しています。

保育の求人あるある」によれば、東京都港区だけで20以上の英語保育園・プリスクールがあります。港区にプリスクールが多いのは、英語教育に関心の高い富裕層や、外国人駐在員が多く住んでいるからだと思います。

東京都心に住んでいれば、キンダーガーテン・プリスクールの選択肢が多くあり、英語と日本語の両方を伸ばす方針のスクールも見つけやすいです。

・地方では選択肢が少ない

大都市以外では、英語の保育園や幼稚園は少ないです。英語と日本語のバイリンガルスクールとなると、更に数が少なくなります。

メリット

日本語の幼稚園・保育園と比べたメリット

・英語を自然な環境で学べる

語学の学習は環境が非常に重要です。

学校の勉強で実践的な英語が身につきにくいのは、授業以外で英語を使う必要がないからです。反対に、英語を使わざるを得ない環境に放り込まれると、誰でも使えるようになります。

キンダーガーテン・プリスクールであれば、英語しか話せない先生や友達がいるので、自然な形で英語を使う環境が得られます。

・国際的な環境にふれることができる

キンダーガーテン・プリスクールの先生は、外国人が多いです。スクールによっては、生徒も外国人の子供が多いと思います。

幼いころから外国人が身近にいて、日本人と異なる言語、異なる考え方にふれることは、国際的な視野を育成することに役立ちます。

・保育園の代わりになる

東京など一部の地域では、待機児童問題が深刻です。キンダーガーテン・プレスクールは、一般的には認可外保育園です。

日本の保育園が見つからずに、英語のスクールに通わせるケースも増えているようです。

100%英語のスクールと比べたメリット

・日本語も学ぶことができる

両親が日本人で、家庭が日本語だったとしても、自動的に学年相当の日本語が身につくわけではありません。

インターナショナルスクールや海外校など、幼少期から英語の学校で育った人は、日本人でも日本語に苦手意識がある人がいます。

日本語も重視するバイリンガルのスクールであれば、日本語も伸ばすことができます。

・日本の小学校にもスムーズに進学できる

英語のプレスクールに通っていても、小学校からは日本の学校のケースは多いです。

まず、インターナショナルスクールは、日本の教育システムとは全く異なるので、小学校からは日本の教育システムを選ぶ家庭も多いです。

また、インターナショナルスクール入学を希望したとしても、一般の日本人の子供は、入学の難易度が高いです。

プレスクールに比べて、インターナショナルスクールの小学校は、定員が少ないからです。普通の日本の家庭の子供は、インターナショナルスクールにとって優先度が低いので、希望の学校に入学することが難しいです。

小学校からは、日本の学校になると想定すると、100%英語のスクールで育った子供は、日本語の面で適応するのに時間がかかることが考えられます。バイリンガル保育園・幼稚園で、日本語も勉強していれば、比較的スムーズに進学することができます。

デメリット

日本語の幼稚園・保育園と比べたデメリット

・日本語が弱くなるかもしれない

バイリンガルといっても、やはり英語が中心のスクールが多いです。100%日本語の幼稚園・保育園で育った子供と比べると、日本語は弱くなるかもしれません。

・日本の小学校に適応しにくいかもしれない

日本の小学校に進学するのは、ほとんどが普通の幼稚園・保育園で育った子供です。100%英語のスクールで育った子供よりは適応しやすいとは思いますが、日本語力や、カルチャーの面で、ギャップはあると思います。

100%英語のスクールと比べたデメリット

・選択肢が少ない

キンダーガーテンやプレスクールの多くは(少なくとも有名なスクールは)、100%英語教育です。バイリンガルにこだわると、選択肢が狭くなります。

・英語を使う機会が少なくなる

スクールで過ごす時間は限られているので、日本語を使う機会が多くなるほど、英語を使う機会は少なくなります。

日本語を使う割合が多いスクールから、英語100%のインターナショナルスクールに進学すると、他の生徒と比べると英語力の面で不利かもしれません。

バイリンガル保育園・幼稚園を選ぶ基準

インターナショナルスクールの付属校か?

キンダーガーテン・プリスクールを選ぶ人は、将来子供をインターナショナルスクールの小学校に入学させたい人も多いと思います。入りたいインターナショナルスクールの付属校を選べば、入試で有利になることが多いようです。

しかし、日本語・英語のバイリンガル教育をしているインターナショナルスクール付属校は少ないです。

教育方針

キンダーガーテン・プリスクールは、国から指定された一律のカリキュラムがあるわけではありません。

日本語と英語のバイリンガルスクールといっても、日本語や英語の教育方針はスクールによって千差万別です。

言語教育だけではなく、自由に遊ばせるのか、体系的なレッスンが多いのか。体験を重視するのか、座学中心なのか、など様々な教育方針が考えられます。

日本語と英語のバランス

言語の能力は、ある程度使う時間に比例します。英語が多くなれば、日本語は弱くなりがちですし、その逆もそうです。

日本語中心で、英語は習い事程度なのか。逆に、ほとんど英語で、日本語を時間は少ないのか。スクールによって時間配分は様々です。

どのようなバランスのスクールを選ぶべきかは、家庭の考え方次第です。小学校もインターナショナルスクールに通わせたいなら、英語中心でしょうし、日本語力を第一に考えるなら、日本語が基本の幼稚園・保育園にするべきだと思います。

スタッフの構成

日本人が多いのか、外国人が多いのか。外国人は多国籍なのか、特定の国の人なのか。

日本人が大部分のスクールは、あくまでも外国語として英語を学ぶイメージかと思います。逆に日本語が話せないスタッフが大部分のスクールでは、日本語を使う機会は少ないでしょう。

バイリンガル保育園・幼稚園の探し方

東京であれば、「バイリンガル 保育園」や「バイリンガル プレスクール」などと検索すれば、多くのスクールが見つかります。

注意点としては、「バイリンガル」と銘打っているスクールでも、英語しか使わないスクールもあることです。英語しか教育しないなら、それはバイリンガル教育ではなくて、英語のモノリンガル教育です。

期間限定のスクール

キンダーガーテンやプリスクールは、一般的には毎日通いますが、曜日限定、期間限定で通えるスクールもあります。

保育というよりは、教室に通う感覚に近いかと思います。

日本語中心の子育てで、英語にも触れさせたいなら、週末など特定の日や、幼稚園の長期休みなどに英語のスクールに通わせるのもいいかと思います。

まとめ

・インターナショナルスクールの付属校で、日本語も重視しているスクールは少ない。

・東京都心では、バイリンガル保育園・幼稚園の選択肢も多くあるが、地方では少ない(英語のみのスクールも少ない)。

・英語を自然な環境で学べる。

・日本語力も高めることができる。

・英語中心のスクールだと、日本語の保育園・幼稚園に比べると、日本語が中途半端になる可能性がある。

・日本語が多いスクールだと、英語100%のスクールに比べると、英語が中途半端になる可能性がある。


こちらの記事もいかがでしょう?

インターナショナルスクール(小学生)のメリット・デメリット
メリット① 英語(外国語)の習得は若いほど有利。② 国際感覚、多様な価値観を身につけることができる。③ 海外の中高、大学への進学がスムーズ。④ 日本の受験戦争を避けられる。デメリット① 費用が高い。② 日本での進路の選択肢が狭くなる。。。

英語・外国語教育・留学の記事まとめ

英語・外国語教育・留学
① 幼児・子供向け ② 小学校 ③ 中学・高校 ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Google関連記事