オーストラリアで就労ビザ・永住権を取れる職種(2018年更新)

(2018年3月更新)

オーストラリアでの現地就職、移住を目指すなら、職種が非常に重要です。職種によっては、就労ビザの申請ができないからです。特に、永住権のあるビザについては、職種の制限が厳しいです。

*当記事も含めて、第三者によるビザの説明は、情報が遅れている、または解釈が間違っている可能性があります。気になる点は、オーストラリア政府のサイトか、オーストラリア大使館、その他のオーストラリアの公的機関に確認しましょう。

スポンサーリンク

ビザを申請できる職種(Eligible Skilled Occupations)

オーストラリア政府が、「Eligible Skilled Occupations」というビザを申請できる職種の詳細なリストを提供しています。

詳しくは実際にリストを確認して欲しいと思いますが、リストの見方について説明します。

Combined current list of eligible skilled occupations

OccupationとANZSCO Code

職種の名称と、職種ごとに割り当てられたコードです。

List

「Eligible Skilled Occupations」は、ビザの種類によって、次の3つのリストに分かれています。上記のリストは、3つのリストをまとめたものです。リストの違いについては、後ほど説明します。

  • Medium and Long-term Strategic Skills List (MLTSSL)
  • Short-term Skilled Occupation List (STSOL)
  • Regional Occupation List (ROL)

Visa subclasses (streams or type)

ビザによって、申請できる職種が異なります。ビザごとにSubclassという番号が割り振られています。

就労ビザの種類については、こちらの記事をご参照ください。

オーストラリア就労ビザまとめ~種類、取得条件、期間、申請方法(2018年更新)
オーストラリアでの現地就職の観点で就労ビザを紹介します。永住権のあるビザの取得。就労ビザ申請の条件。申請するビザの選び方。留学後の就労。

リストの種類

Medium and Long-term Strategic Skills List (MLTSSL)

長期的に人手不足で、オーストラリア政府として積極的に外国人を受け入れたい職種です。ビザの申請の面では、最も有利です。

Short-term Skilled Occupation List (STSOL) 

こちらに分類される職種は、MLTSSLよりも申請できるビザが制限されます。

例えば、調理関連で、「Cook」はSTSOL、「Chef」はMLTSSLです。以下のように、Chefの方が申請できるビザが多いです。

  • Cook:Subclass 190, 407, 489 (S/T), TSS (S)
  • Chef:Subclass 186*, 189 (PT), 190, 407, 485 (GW)489 (F), 489 (S/T), TSS (M)*

Regional Occupation List (ROL)

地方エリア(Regional Australia)でのみ許可される職種です。地方エリアには、シドニー、メルボルン、パースなどは含まれません。

地方エリアでのビザ申請の方が、職種の制限は緩くなります。

州推薦ビザ向けの職種リスト

以上の職種リストは、オーストラリア全国共通です。

特定の州から推薦を受けるビザ

「Skilled Nominated Visa (Subclass 190) 」など、申請に当たり州から推薦を受ける必要があるビザがあります。

州推薦のビザについては、対象の職種など州独自の基準があります。

「州・地域の名前+Skilled nominated visa」などと検索すれば探せます。

ビクトリア州

サウスウェールズ州

クイーンズランド州

どのような職種がビザを申請しやすいのか?

ビザの申請で有利な職種は、人手不足の職種

一般論として、オーストラリアに限らず、外国人がビザを得やすい職種、就職しやすい職種は、現地で人手不足の職種です。

オーストラリアは、移民に寛容な国ですが、無条件で外国人を受け入れているわけではありません。オーストラリアが歓迎するのは、オーストラリアに貢献する人材です。

オーストラリア人では足りないから、外国人を受け入れるのです。逆にオーストラリア人で足りている職種では、外国人を積極的に受け入れる理由はありません。

理系、専門職が有利

ビザに有利なMLTSSLの職種は、理系の技術者全般や、医者・看護士、会計士、その他専門職が中心です。理系や専門職は、トレーニングに時間がかかり、誰でもできるわけではないからです。

営業、マーケティングや事務など、いわゆる文系の普通の職種については、ビザの申請では不利です。STSOLに一部ありますが、MLTSSLには全くありません。

州推薦ビザでも不利です。例えば、ビクトリア州では、営業、マーケティング、事務関連は、州推薦の職種リストに全く掲載されていません。

海外就職に有利な職種~英語よりもプログラミングを学ぶべし
グローバルに働きたいなら、英語やMBAでなくて、理系。将来、海外に住みたいひと、海外で働きたい人は、理系を学ぶべきです。外国語学部の方が、海外に近いように見えますが、海外の会社の視点では、ノースキルの学生です

永住権の取得ができる職種

永住権が取れるビザは、以下の通りです。その中で、地方限定ではない、つまりシドニーやメルボルンなどの大都市で申請できるビザは、Subclass 186, 189, 190です。

スポンサー(雇用主)が必要 スポンサー(雇用主)は不要
地方限定 Regional Sponsored Migration Scheme Visa (subclass 187) Skilled Regional visa (subclass 887)
地域制限なし Employer Nomination Scheme (ENS) Visa (subclass 186) Skilled Nominated Visa (Subclass 190) 州政府の推薦が必要
Skilled Independent Visa (Subclass 189) 州政府の推薦は不要

MLTSSLは、永住権の申請ができる

Eligible Skilled Occupationsを確認すると、MLTSSLの職種は、永住権のビザSubclass 186, 189, 190いずれも申請対象になっていることが分かります。

STSOLは、Subclass 186, 189の対象外

STSOLの職種では、Subclass 186, 189に申請することができません。例えば、STSOLに分類されるSales and Marketing ManagerやMarketing Specialistでは、永住権は取れないのです。

州推薦ビザのSubclass 190もSTSOLでは難しい

Subclass 190については、STSOLも対象に入っています。しかし、Subclass 190は、州推薦ビザなので、仕事をする州の基準を満たす必要があります。

残念ながら、大部分のSTSOLは州推薦の職種リストに入っていません。例えば、営業、マーケティング、事務関連は、ビクトリア州の職種リストには、全く入っていません。

実質的に、STSOLの職種で、永住権を申請することは困難です。

地方エリア限定の場合、職種の幅は広がる

MLTSSLの職種以外で、オーストラリアの永住権を狙うなら、選択肢の一つが地方エリア向けの永住権ビザ「Regional Sponsored Migration Scheme Visa (subclass 187)」です。

Subclass 187対象の職種リスト

営業、マーケティング、デザイナー、秘書なども入っています。

しかし、シドニー、メルボルン、パースなどの外国人が仕事を見つけやすい都会は対象に入っていないので、そもそも仕事が見つかるかは、別問題です。

オーストラリアの地方エリアに移住・就職する
オーストラリアの永住権ビザは、職種の制限があります。地方エリア(Regional Australia)で働く場合、職種制限が緩くなります。シドニー、メルボルン、パース、ブリスベン、ゴールドコーストは対象外。アデレード、キャンベラなどが地方エリアです。

ビザを申請できる職種と関係ある専攻を学びましょう

留学する前から就労ビザの申請のことは考えておく

現在学生の場合や、これからオーストラリアに留学する場合は、将来就職活動をすることも考えて、リストに入っている職種と直接関連する専攻を選びましょう。

現時点では、オーストラリアで就職しないつもりでも、留学したら長く住みたくなるのは、よくある話です。

MLTSSLに入っている職種の専門を優先

上で説明しましたように、「Medium and Long-term Strategic Skills List (MLTSSL)」に入っている職種の方が、「Short-term Skilled Occupation List (STSOL)」よりもビザの申請に有利です。

特に永住権の申請では、MLTSSLの職種でないと難しいです。

また、MLTSSLの職種とは、そもそもオーストラリアで人手が足りていない職種なので、仕事を見つける点でも有利です。

留学する州、働きたい州の推薦職種リストを確認しておく

州によって、求められる職種のリストは、若干異なってきます。

州推薦のビザの申請も想定して、留学する州、働きたい州の推薦職種リストを確認しておきましょう。

技術者、専門職を目指そう

オーストラリア就職を考えるなら、ハードスキルが重要です。人文、社会系は、教養は育てますが、ビザの面では不利です。言語の壁の点でも、手に職のある仕事の方が、営業など言語重視の仕事よりも有利です。

ビジネス系の専攻でも、広く浅い内容(例えばMBAとか)よりは、会計、ファイナンスや数理的なマーケティングなど、ハードスキルが分かりやすい分野の方が、ビザの申請では有利です。

留学後に就職しようと思ったら、就労ビザが厳しすぎたというのは、ありがち
海外留学して、現地就職しようと思っている人向けに。留学先の国を決める要素は色々とあります。その国の文化が好き。観光で行って、住みたいと思った。勉強している専攻で有名な大学がある。友達が先に留学している。などなど。就労ビザの取りやすさも考えましょう

職種の制限がない(少ない)ビザ

ワーキングホリデー:Working Holiday visa (subclass 417)

一部例外はありますが、基本的に職種の制限はありません。

大学卒業後の期間限定ビザ:Temporary Graduate visa (subclass 485)

大学、大学院卒の場合、卒業後限定で「Temporary Graduate visa (subclass 485), Post-Study Work」が取得できます。

2-4年間、基本的には職種の制限なしで働くことができます。

詳しくは、こちらの記事をご参照ください。

オーストラリアの留学生向けの就労ビザまとめ
オーストラリアの留学生向けに、オーストラリアの就労ビザについて説明します。アルバイト、インターン、Temporary Graduate visa、ビザが取りやすい専攻など

まとめ

・ビザが申請できる職種は、「Eligible Skilled Occupations」を確認する

・「Medium and Long-term Strategic Skills List (MLTSSL)」の職種の方が、「Short-term Skilled Occupation List (STSOL)」の職種よりも有利

・永住権取得を狙うなら、MLTSSLの職種が、ほぼ必須条件

・州推薦のビザ(Nominated Visa)を狙うなら、働きたい州の推薦職種リストも確認する

・ビザの申請に有利な職種は、理系の技術職、医者、会計士などの専門職

・オーストラリアに留学するなら、ビザに有利な専門を選ぶべし

・現地の大学・大学院を卒業すれば、2-4年間は、「Temporary Graduate visa (subclass 485)」で働くことができる


こちらの記事もいかがでしょう?

オーストラリアの記事一覧

オーストラリア就労ビザまとめ~種類、取得条件、期間、申請方法(2018年更新)
オーストラリアでの現地就職の観点で就労ビザを紹介します。永住権のあるビザの取得。就労ビザ申請の条件。申請するビザの選び方。留学後の就労。
オーストラリアに住む~移住・永住のメリット・デメリット
オーストラリア移住に興味がある人向けに、オーストラリア移住のメリット・デメリットを解説します。オーストラリアの気候、オーストラリアでの仕事、物価、教育環境などについて。
オーストラリアの給与・年収 ・生活費~オーストラリア移住・就職
オーストラリアで働く場合の給与・年収について。オーストラリアと日本の給与の違い。職種別の給与。赴任者、現地採用、アルバイトの給与。オーストラリアの物価・生活費についても紹介。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする