スポンサーリンク

中国就職体験談~新卒&転職ブログ・インタビューまとめ

中国就職の経験者が書いているブログ、経験者へのインタビュー記事をまとめます。

日本の大学の新卒、中国の大学の新卒、日本で就職してから中国に留学、日系の会社に日本から直接転職、など様々なパターンがあることが分かります。年齢も新卒から40代まで様々です。

海外就職、中国就職をする人は、マイノリティです。日本の新卒就活のように、確立されたノウハウがあるわけではありません。自分の経歴に近い経験者を参考に、自分に合った中国就職の道を切り開きましょう。

スポンサーリンク

ブログ

ブログは、新しいものが少ないです。10年前くらいに就職したものは、何件かあったのですが、変化の早い中国では、10年前の記事は意味がないです。

現地採用をディスるブログ

http://blog.goo.ne.jp/shengshowchina

自分は現在も中国で現地採用として働いているのに、現地採用のマイナス面を語るコンセプトのブログです。実際のところは、現地採用のプラスの面も書かれており、フラットに現地採用について説明しています。鋭い語り口で、読み物としても面白いです。

「セカ就」的な海外就職コンサルや人材紹介会社の記事は、日系の現地採用でのアジア就職を煽りすぎています。自分が、アジア就職を斡旋する立場だからです。このようなフラットな立場の記事は非常に参考になります。

・新卒、既卒:既卒

・就職の場所:上海

・就職時点での言語レベル:中国語中級。語学留学

日系の現地採用と駐在の違い、日系と現地企業の違いについて、以下の記事をご参照ください。

海外就活で海外駐在 / 赴任か現地採用どちらを目指すべきか?
海外就活で海外駐在 / 赴任か現地採用どちらを目指すべきか?
海外での就業の可能性は、駐在か現地採用です。駐在の利点として、待遇の良さがあります。現地採用では、現地の人と同様の給与体系になります。逆にメリットは、自由な選択ができることです。自分が行きたいタイミングで、海外就職を始めることができますし、国も自由に選べます。
海外現地採用は、日系、現地、外資企業の選択肢がある
海外現地採用は、日系、現地、外資企業の選択肢がある
「海外現地採用」とは、駐在や転勤ではなく、海外で直接採用されることです。海外現地採用には、日系、現地企業、外資企業で就職する選択肢があります。本記事では、それぞれの場合のメリット・デメリット、就職活動の進め方を解説します。

日本語教師

https://chinaiwate.com/useful-information/apply-university

本人についての情報は、あまり記載がないのですが、日本語教師の就職事情について分かりやすくまとめてあります。

「海外への転職を希望している人にとっては、常に求人があり、資格も特に必要のない中国の日本語教師は魅力的な職業の一つだと思います。」とのこと。ビザの発行も日本語教師は比較的に緩いです。中国で働くきっかけとして、まずは日本語教師というのは、有力な選択肢だと思います。

中国のビザについては、こちら

中国就労ビザまとめ~種類、取得条件、期間、申請方法(2017年更新)
中国就労ビザまとめ~種類、取得条件、期間、申請方法(2017年更新)
中国での現地就職の観点でビザ、就労許可を紹介します。新卒&転職。一般向け就労許可。留学生。インターン。ボランティア。Zビザなど

インタビュー

日本の大学を卒業後、上海に語学留学、新卒で就職

http://kamome.cn/kamome/?itemid=1622

日本の大学を卒業して、語学留学を挟んで新卒で就職した例。新卒で中国や東南アジアでの就職は難しいとする海外就職コンサルが多いですが、そんなことはないと思います。この方も、中国語学科ではあるものの、普通のスペックの大学生のようです。

・新卒、既卒:新卒

・就職時点の年齢:23歳前後

・就職の場所:上海

・就職時点での言語レベル:中国語上級。日本の中国語学科卒。1年間語学留学。

上海の大学を卒業後に新卒で就職

http://www.chinese.co.jp/ryugaku-shusyoku/shusyoku/interview.html

上海の大学を卒業して、新卒で就職。初任給が14,000元。日系の現地中途採用の給与が10,000元くらいです。やはり、中国語ができると違いますね。

・新卒、既卒:新卒

・就職時点の年齢:23歳

・就職の場所:上海

・職種:日系企業・中国ローカル企業の従業員研修を手掛けていたベンチャー企業での営業

・就職時点での言語レベル:中国語上級。HSK9級。留学5年 (本科卒業)

・就職方法:興味のある会社に直接メール

26歳、ワーホリ、世界1周経由で広州で就職

https://goo.gl/TQzWqY

日本で2年間就業。その間に、香港、深センでの駐在を経験。退職して、オーストラリアでのワーキングホリデー、1年間の世界1周旅行を経て、広州で就職。

・新卒、既卒:既卒

・就職時点の年齢:27歳

・就職の場所:上海

・職種:中国の内装建築会社で日系向けの営業

・前職:中小の商社兼メーカーにて営業

・就職時点での言語レベル:英語中ー上級

・就職方法:海外就職専門の人材紹介会社に登録

27歳のハイスぺ人材、現地の日本人起業家に憧れ、上海で転職

http://asia-magazine.com/archives/5255

アメリカでファイナンスの学位取得、三菱UFJモルガン・スタンレーで投資銀行業務という素晴らしい経歴を捨てて、ノープランで上海に行ったとのこと。きっかけは、中国で通販会社を起ち上げた日本人経営者のインタビュー記事を読んだこと。

流石はハイスぺ人材というべきか、中国でも頭角を現し、日系の販売会社のトップになっています。その後、日本に帰国して起業し、訪日観光インバウンドPR事業およびグローバル人材の育成採用支援事業を展開している会社を経営。

日本でもエリートコースで戦えるハイスぺ人材で、中国に転職する人は少ないです。ハイスぺ人材でも、中国転職が選択肢になりえる好事例。

・新卒、既卒:既卒

・就職時点の年齢:27歳

・就職の場所:上海

・職種:日系家電メーカーの中国市場進出及び販売会社設立

・前職:日系証券会社の投資銀行部門

・就職時点での言語レベル:英語上級(アメリカで学部卒業)、中国語はゼロ

・その他:現在は、訪日観光インバウンドPR事業およびグローバル人材の育成採用支援事業を展開している会社を経営

20代後半、日本での就職を経て北京に留学、現地就職

http://kamome.cn/kamome/?itemid=877

日本でマーケティングの仕事をしていたが、20代半ばで映像の仕事を志して中国に留学するという異色の経歴です。

・新卒、既卒:既卒。日本で就職の後、中国に留学

・就職時点の年齢:20代後半

・就職の場所:北京

・職種:中国のローカルのテレビ制作会社でカメラマン。

・前職:日本で外資のマーケティング

・就職時点での言語レベル:中国語上級と思われる。語学学校に半年、北京電影学院の撮影のクラスに1年間。

・その他:現在は、日本のテレビ番組制作会社で上海の現地ディレクター

中国MBAを卒業して、北京で就職

http://asiamba.net/2017/06/27/ckgsb-interview/

米系証券会社の日本支社で投資銀行業務を担当。中国国内のトップMBAである長江商学院を卒業。卒業後は、北京の日系事業会社で就職。中華圏に関わる事業投資を担当。

結果的に就職に成功していますが、中国語ができなかっため、就職は苦戦したとのこと。卒業後に中国語の学習をして、8か月後に就職しています。トップMBAであっても、良い仕事に就くためには中国語は重要です。

・新卒、既卒:既卒。日本で就職の後、中国に留学

・就職時点の年齢:MBA卒なのでアラサーと思われる

・就職の場所:北京

・職種:日系事業会社で中華圏に関わる事業投資を担当

・前職:米系証券会社で投資銀行業務

・就職時点での言語レベル:中国語は日常会話程度

32歳、上海で博士課程を学び、現地就職

http://kamome.cn/kamome/?itemid=1333

日本での就職後に、上海の博士課程に留学、現地で就職。32歳の時に、知り合いに紹介された会社に就職。

社会人経験があっても、中国に留学してから就職するのは一つの選択肢です。直接、日系に転職するよりも、選択肢は広がると思います。

・新卒、既卒:既卒。日本で就職の後、中国に留学

・就職時点の年齢:32歳

・就職の場所:上海

・職種:事務職

・就職時点での言語レベル:中国語上級。中国で博士課程(未修了)

・就職方法:知り合いの紹介

37歳、中国人との結婚をきっかけに、上海で転職

http://asia-magazine.com/archives/1866

・新卒、既卒:既卒

・就職時点の年齢:37歳

・就職の場所:上海

・職種:外資のコールセンターのオペレーター

・仕事の言語:日本語、英語

・就職時点での言語レベル:英語は中級(学生時代に1年間留学)、中国語はゼロ

・就職方法:現地の人材紹介会社からの紹介

・その他:中国で就職する前に、中国人と結婚しているので、ビザの問題がなかったと思われます。

42歳、大連で日系人材会社に転職

https://wakuwork.jp/archives/8590

中国に1年間留学後、現地で就職。留学後は、帰国して中国関連の仕事をしようと思ったが、日本には日本語が流ちょうな中国人が多数いるので、現地で経験を積みたかったとのこと。

・新卒、既卒:既卒。日本で就職の後、中国に留学

・就職時点の年齢:42歳

・就職の場所:大連

・職種:日系人材紹介会社

・就職時点での言語レベル:中国語中級。1年間語学留学

・就職方法:人材紹介会社に登録


「海外就職・インターンシップ体験談まとめ」一覧を見る

体験談
体験談
海外就職、インターンシップを経験した日本人が書いているブログ、経験者へのインタビュー記事を国別でまとめています。 海外就職をする人は、...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする