スポンサーリンク

海外就職のためのインターンシップ戦略

新卒海外就職の王道パターンは、在学中の海外インターンシップの経験です。

インターンシップ(略称インターン)とは、職業訓練の目的で、期間限定で企業や団体で働くことです。厳密な定義はなく、様々な職業訓練のための就労がインターンと呼ばれています。例えば、在学中のパートタイムの仕事もあれば、卒業後に行う1年間以上に渡るフルタイムの場合もあります。

日本でもインターンが一般的になってきており、インターンをしたことがある人、インターンをする予定の学生も多いと思います。しかし、日本の「インターン」は、実際のところ職場見学会程度の内容も多く、海外就職の観点では役に立たないものもあります。

これから海外就職を考えている人向けに、なぜインターンをするのか、いつ、どこで、どのようなインターンをすべきかについて解説します。主に新卒が対象ですが、社会人留学をする場合などで、社会人でもインターンができるケースはあります。

スポンサーリンク

なぜ、海外就職のためにインターンをした方がいいのか?

海外就職では、新卒も即戦力採用が大部分

日本の新卒就活(新卒一括採用)は、世界の他の国と比較すると、非常に特殊です。

日本では、新卒限定の募集枠があり、大部分の学生は新卒一括採用枠に応募します。新卒採用をする企業は年間スケジュールを組んで、数か月以上後に卒業予定の学生を採用します。

一方で、海外の多くの国、欧米、アジア含む日本人が就職する可能性のある国の大部分では、新卒一括採用はありません。新卒限定の採用枠を設けている企業は少なく、新卒も既卒と同じポジションに応募します。募集のスケジュールも不定期で、欠員が出たときに、必要な人数だけ募集します。

日本の新卒一括採用では、採用の時点では、職種や部署が指定されず、入社してから決まる会社が大部分です。よって、特定の職種の専門知識を問うことはなく、自頭のよさや、社交性などソフトスキルのポテンシャルで採用を判断します。

海外の新卒就職活動では、特定の職種、部署に応募するため、日本のようにポテンシャルで採用されることは少なく、即戦力として、経験やスキルが評価されます。同じ採用枠を争う既卒の人は、既に前職で経験やスキルを磨いて応募します。新卒は、職務経験がないので、圧倒的に不利な立場になります。

新卒なのに職歴が必要というのは、矛盾があります。職歴がないから、就職が難しく、就職ができないから、職歴もつけられない。この、卵が先か鶏が先かの状況を打開するのがインターンです。

海外のインターンは、数週間以上で、社員と同じ仕事をこなします。そこで認められれば、そのまま就職する場合もありますし、そこで就職しなくても、職務経験として履歴書に書けます。

欧米の就職では、ほぼ必須条件

特に欧米、オーストラリア、シンガポールで新卒就職を狙うなら、インターンは、ほぼ必須と言っていいです。

現地の学生でも、在学中、卒業後にインターンで経験を積んでから、就職することが一般的です。まして、外国人として海外就職するには、ビザや言語、現地の文化の理解で現地学生よりも不利です。現地学生以上に自分の価値を高めるためには、インターンに参加することが必要です。

アジア就職では必須とは言えないが、できればしておきたい

シンガポール、香港を除くアジアでは、インターンは欧米ほど一般的ではありません。また、実際に新卒でのアジア就職をしている人の体験談を見ても、インターンを経験していない人も多いです。

しかし、できれば就職する国でインターンをしておきたいです。海外就職とは、その国に長期間住むことです。人によって、好きな国、苦手な国は異なります。海外就職の経験者の体験談を見ると、生活環境が合わなくて、失敗したという例が少なからずあります。

旅行で短期間見るのと、長期間住むのでも、印象は異なります。長期間のインターンをして、生活環境として問題ないか、働き方の文化に馴染めるかは、見ておいた方がリスクが低いです。

結果的に国内就職になっても価値がある

結果的に日本で就活することにしたとしても、長期間のインターン経験は有効です。インターンをする人は増えましたが、海外で長期間のインターンをしている人は少ないです(お金を払って行う見学レベルの「インターン」は除く)。

日本の新卒一括採用は、皆が同じスケジュールで動くので、人気企業は競争率が高くならざるを得ません。しかも、応募者は、日本の大学の同じ学年という、非常に画一的な集団です。人と違う差別化要因があった方が、アピールはしやすいです。

何のインターンをすべきか?

上で説明したように、インターンの目的とは、即戦力採用の求人で既卒の応募者と争うための職務経験を積むことです。

よって、価値のあるインターンとは、企業に提出する履歴書に書いてプラスになる職務内容、面接で自信をもってアピールできる内容です。

自分が応募を予定している仕事の内容も意識すべきです。例えば、法人営業志望であれば、法人の顧客と関われる仕事がいいですし、ソフトウェアエンジニア志望であれば、実際にソフトウェアを作成する仕事をするべきです。

特定の業界に興味があれば、業界も合わせた方がいいです。例えば、飲食業界で働くのであれば飲食関連の企業のインターンの方が直接関連する経験になりますし、製造業志望なら、製造業で働くべきです。

職種にしても、業界にしても、重要なのは、自分が将来応募しようと思っている仕事(求人)に対して、どれだけ関連する職務経験を作れるかです。できるだけ早いタイミングで、卒業後に就きたい仕事を考えて、それに必要な職務経験を積み上げましょう。

日本国内のインターンや、日本の人材紹介会社などが斡旋しているインターンは、職場見学程度のものだったり、アルバイトのような簡単な内容だったりします。見学やお客様扱いのインターンは、職場の雰囲気を知る以上の意味はありません。

職務経験を積むという意味では、どの会社でインターンしたとか、海外でインターンしたとかではなくて、実際に何の仕事をしたかが重要です。インターンに参加をする前に、どんな仕事ができるのか、その仕事内容は、就職に役に立つのか、しっかりと確認しましょう。

いつインターンをすべきか?

国内就職では、大学3年時の夏休み、冬休みにインターンを行うことが最も一般的です。大学3年の春休み以降に選考が始まり、インターンシップは就活の準備の位置づけだからです。

しかし、海外就職の準備のためのインターンは、大学3年時である必要は全くありません。

採用してくれる会社があるなら、大学1年からインターンしてもいいです

できるだけ早くからインターンを始める方が、海外就職の就活までに、より多くの職務経験を積むことができます。これは、国内就活でも同じことが言えます。

正式に「インターン」として募集しているのは、大学3年時が多いと思いますが、職務経験を積むのに、正式なインターンである必要はありません。名前が、アルバイトでも、派遣でも、ボランティアでも、とにかく就職に役に立つ職務経験を積むことが大事です。

上記で、卒業後の志望職種、業界に近いインターンを選ぶべきと説明しました。しかし、大学1-2年については、あえて全然違う職種、業界をいくつか試してみるのも良いと思います。実際に働いてみると、自分の想像と違うというのは、よくあることです。幅広い経験を積むことで、より明確に自分がやりたい仕事が見えてきます。

海外就職については、4年にインターンすることも可能です

国内就活だと、4年生の夏までに選考が終わるので、インターンをする時間はありません。

一方で、海外就職だと、本格的に面接を行うのは、卒業の直前か、卒業後です。4年生になってから始めたインターンでも、面接の前に十分な職務経験になります。

4年生のインターンについては、卒業後に就職したい会社を狙うべきです。インターンをした会社で実績をあげて、そのまま就職することは、よくあるパターンだからです。

在学中だけでなく、卒業後のインターンも考えられます

欧米では、卒業後のインターンも一般的です。海外留学をしている場合、卒業後に一般の就労ビザの申請をしないで、一定期間インターンをすることができる制度がある国があります。

例えば、アメリカのOPT(Optional Practical Training)やカナダやオーストラリアの同様の制度です。卒業後、まずはインターンで実績を積んでから、一般の就労ビザでの就職を狙うことが考えられます。

アメリカの学校を卒業した外国人向けのインターン制度:Optional Practical Training (OPT) for F-1 Students

オーストラリアの留学生向けの就労ビザまとめ

カナダ就労ビザまとめ~種類、取得条件、期間、申請方法(2017年更新)

日本の大学を卒業した場合でも、卒業後にまずは海外インターンから始めることが考えられます

企業側からすると、最初から正社員として雇うよりも、インターンでお試し期間を作った方がリスクが低いからです。例えば、以下の体験談を参考ください。日本の大学を卒業後、シンガポールでインターンを経験。インターンを半年ほど経験してから、同じ会社で正式に採用された例です。

maikoの新卒インターン日記

下の例は、アメリカでJ-1というインターン向けのビザを使ってインターン。J-1終了後は、そのまま就職した例です。

American Career Opportunity: 海外就職 体験談 藤井 麻由美さん 出版関係 営業

アメリカでインターンシップをする:J-1 (交流訪問者)ビザ

どこでインターンをすべきか?

できれば就職希望の国でのインターンが望ましいです

先ほども書きましたように、海外就職するということは現地に住むということです。インターンで、実際に現地の社会人と同じ感覚で住むことで、自分にとって、住みやすい国なのか、働きやすい国なのか体感できます。

現地で働くことで、就職活動にもプラスになります。採用企業としても、現地で働いた経験がある外国人の方が、現地への適応力や、志望の高さを評価しやすいです。

インターン中に、現地でのネットワークを作ることで、フルタイムの就職活動もしやすくなります。実績を出せばインターンをした会社にそのまま就職できるケースもよくあります。

志望の国でのインターンができない場合でも、国内よりは海外でインターンをした方が海外就職の準備としては役に立ちます。

一方で、職務経験を積む意味では、国内でも問題ないです

海外就職の準備としてインターンを考えると、職務内容と場所の二つが重要になります。就職希望の国で、希望の職種のインターンが見つかれば、理想ですが、そう上手くはいかないと思います。

もし、国内と就職希望の国の両方でインターンが見つかり、国内の方が内容は魅力的な場合、悩ましい選択です。海外就職のゴールから考えて、どちらが自分にとってプラスになるか、総合的に考えて判断しましょう。

また、国内の大学に在学の場合は、当然学期中は海外で働くことはできません。学期中は、学校と並行してできる国内の仕事を探して、長期休みは海外を探すという戦略の良いかと思います。

「リモート海外インターン」の選択肢もあるのでは

最近では、フルタイムで職場に通わずに、自宅などから働く人が増えています。特に、ソフトウェアは、リモートワークと相性が良いです。海外インターンといっても、実際に海外で働くのではなく、日本にいながら海外の会社と働く選択肢もありえます。海外とのリモートワークについて、以下の記事が参考になります。

LingualBox Blog:【エンジニアの海外就職】海外スタートアップでのリモートワークで経験を積む、というアイデア

どのように海外インターンを探すか?

日本のインターン斡旋サービスや人材紹介会社を使う

インターンの応募の方法としては、「海外 インターン」で検索すると、海外インターンの紹介サイトが見つかります。日本人を探している案件なので、難易度は下がりますが、インターンの数は少なくなります。

また、日本の会社が行っている斡旋サービスの場合、「インターン」と銘打っているものの、実際は語学留学に職場見学がついているだけのものだったり、単純労働の内容だったりするケースが非常に多いです。具体的に、どのような仕事をする想定なのか、念入りに確認してから参加しましょう。「なんちゃってインターン」に参加しても、職務経験としての価値は全くありません。

自力で探す

日本の会社が斡旋している案件以外を探すのであれば、応募の仕方は、国ごとに異なります。志望の国で、どのようにインターンが応募されているかをリサーチするところから始めましょう。欧米のようにインターンが一般的な国の場合は、学生向けの情報が簡単に見つかります。

インターンが一般的でない国の場合、正式なインターンの募集は少ないと思います。もしくは、インターンが一般的な国でも、興味のある会社は募集していないかもしれません。

正式にインターンを募集していないからといって諦める必要はありません。ダメ元で、興味のある会社の人事などに連絡してみましょう。打率は低いと思いますが、返信してくれる会社もあると思います。


「新卒・学生」記事一覧を見る

新卒・学生
新卒・学生
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする