英語・外国語教育・留学

① 幼児・子供向け

子供の英語教育はネイティブを目指すべきか?
1 ネイティブレベルを目指すなら、早期の英語教育は必須 2 なぜ英語が重要なのか? 3 ネイティブに近い英語力は役に立つのか? 4 完璧な日英バイリンガルを目指すのは可能なのか? 5 日本語よりも英語を優先することは選択肢か?
子供の英語教育・英会話は、いつから始めるべき?意味がない?
「英語は小さいころから学習すべきなのか?」、「いつから習うのがいいのか?」、「母語の日本語には影響がないのか?」など早期の外国語学習は、多くの人が疑問に思うテーマです。日英バイリンガルの子供を育てたいとして、英会話・英語教育は、いつから行うべきかを考えます。
英語の発音は子供の頃(幼児・児童)から学習すべきか?
英語の学習は、子供のころから始めた方が有利なイメージがあります。英語の発音は、子供のころしか身につかないのでしょうか?いつまでに覚えれば、ネイティブのような発音になるのでしょうか?
プリスクール・キンダーガーテンで子供を英語で育てる
プリスクールとは。プリスクールのある地域。プリスクールのメリット・デメリット。プリスクールを選ぶ基準。プリスクールの探し方。期間限定のスクール
児童・子供向けのオンライン英語レッスン
画像:Pixabay クリエイター「BiljaST」タイトル「english」 オンライン英語レッスンとは、インターネット上で...

② 小学校

インターナショナルスクール(小学生)のメリット・デメリット
メリット① 英語(外国語)の習得は若いほど有利。② 国際感覚、多様な価値観を身につけることができる。③ 海外の中高、大学への進学がスムーズ。④ 日本の受験戦争を避けられる。デメリット① 費用が高い。② 日本での進路の選択肢が狭くなる。。。
インターナショナルスクールの学費・費用
幼稚園(Kindergarten)から高校まで、インターナショナルスクールの平均的な年間費用は、200万円強。幼稚園から高校までのトータル費用は3,000万円以上。日本の私立の学校と比べても、年間100万円強高い
インターナショナルスクールに入学するには~必要な条件、英語力
インターナショナルスクール入学の条件。① 英語力 ② 費用の負担 ③ インターナショナルスクールのある地域に住んでいる ④ そもそも国際的な家庭なのか
小学校の英語教育 2020年度からの新カリキュラム
画像:無料写真素材なら【写真AC】クリエイター「FineGraphics」タイトル「赤ちゃんに本を読む女性」 2020年から、...
小学校の英語授業での少人数レッスンの取り組み
小学校の英語授業での少人数レッスンの取り組みを紹介します。グループワーク、ペアワーク。オンライン英会話サービスを使って、海外の先生とのレッスン。ビデオ会議システムを使って、海外の学校との国際交流。

③ 中学・高校

海外の一流大学に進学するための高校までの進路・学歴
海外大学に進学するための高校の選択肢。①海外の高校。②インターナショナルスクール。③日英併用の国際バカロレア④一般の高校。海外大学へ進学するための高校入学までの進路:①海外の中学校。②インターナショナルスクール。③一般の中学校
高校留学のメリット・デメリット
高校留学のメリット:①英語(外国語)の習得は若いほど有利。② 国際感覚、多様な価値観が身につく。③海外大学への留学がスムーズ。④帰国子女枠を使うことができる。⑤自立心が身につく。デメリット:①費用が高い。日本の大学進学の選択肢が狭くなる。
高校留学の費用~アメリカ、カナダ、オーストラリアなど
高校留学費用の目安:年間300万円~、有名私立では600万円以上。費用の内訳:毎年かかる費用、初期費用。留学費用を安くするには?アメリカ留学、カナダ留学、オーストラリア留学の費用具体例。
高校留学するには~留学する目的、国、学校の選び方
留学する国と、志望校の選び方について解説します。1 高校留学の目的は?2 日本での選択肢はないか?3 留学先の国を選ぶ基準 4 留学エージェントを使うべきか?5 志望校を選ぶ基準
高校留学するには~必要な条件、英語力、準備する資料
1 高校留学に必要な英語力とは?2 留学する国の学力テスト。3 中学校の成績も重要。4 英語以外の長所、興味を持とう。5 エッセイ(志望動機など)。6 費用の負担

④ 大学・大学院・社会人

どこでも働けるグローバル人材なんていない
海外就職をしたい人は、世界のどこでも生きていけるグローバル人材に憧れを持っている人は多いです。それでは、グローバル人材とは何でしょう?一般の用法では、グローバル人材とは、英語で外国人と高度な仕事ができる人材のことです。しかし。。。。
海外就職で必要な語学力はどのくらい?
海外就職の不安点として、語学力があると思います。海外就職を実現するために必要な語学力は一概には言えません。①駐在の場合。②日系で現地採用の場合。③現地企業、外資系
海外就職に有利な職種~英語よりもプログラミングを学ぶべし
グローバルに働きたいなら、英語やMBAでなくて、理系。将来、海外に住みたいひと、海外で働きたい人は、理系を学ぶべきです。外国語学部の方が、海外に近いように見えますが、海外の会社の視点では、ノースキルの学生です
中国経済が世界一になる時、中国語は国際共通語になるのか?
中国が世界一の経済大国になった時、中国語は英語に変わって国際共通語(リンガ・フランカ)になるのでしょうか?現在の社会人、学生は英語でなくて中国語を学習すべきなのでしょうか?私たちの子供の世代はどうでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする